「お役立ち情報」の記事一覧 - 91ページ目

【逆効果になることも】新車ディーラーでのNGな値引き交渉5選!

間違えた交渉では雰囲気も悪くなるし値引きも期待できない  昔からよく値引きしてくれるメーカーとして知られたマツダも、最近になって値引きを大幅に引き締めていることが話題となっているが、基本的には今も昔も日本の新車市場は値引…

続きを読む...

【疑問】タイヤ交換で銘柄が変わっても空気圧はクルマの指定で良いの?

ロードインデックスさえ注意すれば指定空気圧でOK  ブリヂストン、ミシュラン、ダンロップ、ヨコハマタイヤなど、大手メーカーの製品で、同サイズかつ、用途が同じで、クオリティや価格帯が同じものなら、標準装着タイヤの指定空気圧...

続きを読む...

【今さら聞けない】なぜ「ケンカワイパー」「パラレルタイプ」などワイパーに種類があるのか?

デザイン性もあるが湾曲ガラスに密着させることが主目的  ワイパーにはいくつか種類がある。通常のパラレルタイプだけでなく、1本タイプ。さらに動く向きも視界確保のため、右ハンドルと左ハンドルで違っていたりする。  そのなかで...

続きを読む...

【フォードだけじゃない】残念ながら日本から撤退した輸入自動車ブランド4選

人気車もあったが販売面で苦戦したブランドが多い  2016年1月に突如報道されたフォードの日本撤退は、フォードユーザーのみならず自動車ユーザーに大きな衝撃を与えた。  日本市場とフォードの歴史は驚くほど古く、日露戦争終結...

続きを読む...

【70年代のF1マシン】最高のサウンドをもつV12も作ったイギリスの名門BRM

グランプリの主導権を大英帝国にもたらした立役者  今でこそ、F1GPにおけるトップチームはイギリス国内に本拠を構えるケースが多い。いやフェラーリなど幾つかのケースを除けば、ほとんどがイギリス・チームといって良いだろう。 ...

続きを読む...

多くの人が気にしないけど壊れると大変な「オルタネーター」って何?

壊れるとエンジンすら動かない重要な発電機  クルマというのはガソリンなどの燃料を燃やして走るものだが、実際はそれだけでは走らない。電気も必要だ。電気系のなかでも、ライトやオーディオといったものは最悪なくても走ることはでき…

続きを読む...

【世界の名車】バック・トゥ・ザ・フューチャーで有名なデロリアンDMC-12ってどんなクルマ?

ステンレスボディにガルウイングドアが特徴  世界中に存在した泡沫メーカーたちのなかでもデロリアンは有名なほうだろう。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にタイムマシンとして登場していただけに、クルマに興味がない人でも知…

続きを読む...

【疑問】フロントガラスが飛び石被害にあったらどうする?

小さい被害なら透明樹脂による補修も可能  ダンプカーの後ろについて走らないなど、気を付ける点はあるものの、最終的にはどうしても避けられないのが飛び石。経験した人も多いだろうが、ビシッと一瞬にしてヒビが入るのは、イヤなもの…

続きを読む...

【意外と知らない】輸入車はなぜ小型車でもハイオク指定なのか?

海外のスタンドで売られているガソリンのオクタン価が高い  輸入車はほぼすべてハイオク指定。と聞くと、日本車オーナーの方は「ホントに? 贅沢だよなぁ」と思うかもしれない。実際に輸入車に乗っている方にとっては、高出力車ならイ…

続きを読む...

クルマの荷室はラゲッジ・トランクどっちが正解?

英語由来の用語で明確な区別はない  クルマの荷物スペースについて「トランク」と言ったり、「ラゲッジ」と言ったりする。基本的にはセダンのような独立した荷室をトランクと呼ぶことが多い。しかし、ハッチバックやステーションワゴン…

続きを読む...

【意外と知らない】スーパーカーが採用する跳ね上げドアのメリットとは?

もともとはボディ剛性と乗降性を両立するため  スーパーカーといえば「ガルウイングドア」というイメージが強い。とはいえ、ガルウイングドアというのは上に開く跳ね上げ式ドアの一種であり、細かい分類でいえば数は少ない。  おそら.…

続きを読む...

【カタログ値だけじゃわからない】クルマの「小回り性能」は何で決まる?

最小回転半径数値だけでなくオーバーハングも影響  日本のような狭い道が多いところでは、小回りが利く・利かないは、大事な性能。小回りに一番影響するのは、操舵輪の切れ角、それからホイールベース、オーバーハングもけっこう重要だ…

続きを読む...

【今さら聞けない】ハイブリッドやEVの回生ブレーキってどんなブレーキ?

発電するために吸収する力を減速に使うこと  回生というのは「生き返る」「蘇る」という意味です。クルマや電車では、運動エネルギーを再び使えるエネルギーへと戻す、つまり電気に変換することを回生といいます。回生してバッテリーな…

続きを読む...

自動車メーカーはなぜニュルブルクリンクでテストをするのか?

公道と同じ舗装で普通のサーキットにはないギャップやうねりも 「ニュル」の通称で知られているニュルブルクリンク。「ニュルブルク」とはサーキットが取り囲んでいる古城=ニュル城(「ブルク」はドイツ語で城)のことで、「リンク」(…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  5. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  6. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  7. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  8. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...

  9. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  10. あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも ハイブリッド...