「お役立ち情報」の記事一覧 - 91ページ目

【今さら聞けない】タイヤのエアバルブのゴムキャップの役割とは?

空気は関係なく水やゴミの進入を防ぐため  なくてもいいんじゃないかと思うモノはけっこうあるけど、タイヤに空気を入れるためのバルブに付いているゴムのキャップもそのひとつだ。なぜ付いているだろうか? 最初に言っておくと、空気.…

続きを読む...

【意外と知らない】オイルの適切な交換サイクルとは?

エンジンも進化しているのでロングライフ化している  どんなに最新のエンジンでも必要なのがオイル交換だ。ミッションやデフなども交換が必要だが、定期的な交換をしっかり励行という点では、なにはなくともエンジンオイル交換だろう。…

続きを読む...

【意外と知らない】クルマのボディには錆の原因になる「鉄粉」が刺さっている!

走っている以上どんなクルマにも刺さっている  ボディというか塗装表面に鉄粉が付いていると聞くと「ホント?」と思うかもしれない。ウチのクルマに限ってまさかと思ったら、タバコの箱を包んでいるセロファンなど越しに軽く撫でてみて…

続きを読む...

【意外と知らない】クルマに表示するマークの意味と使い方を知ってますか?

本来は交通弱者への配慮を促すマーク  初心者マークなどをはじめ、クルマに貼るマーク、正式名=「運転者標識」は、4種類ほどある。それぞれの意味は、なんとなく理解されていると思われるが、誤解されている面もあるので、ここできち.…

続きを読む...

【意外と知らない】今ドキの新車に「ならし」は不要なのか?

機械モノである以上やらないよりやったほうがいい  その昔、新車を買ったときの楽しみのひとつは「ならし」だった。ゆっくりと自分のモノにしていく感じといったらいいだろうか、中古車には真似のできない儀式だった。一方、今はという…

続きを読む...

【意外と知らない】アルミホイールの「ガリキズ」は自分で直せる

完璧とはいかないがボディよりも補修しやすい  ボディの板金や塗装なんていうのは、職人の世界。缶スプレーもあるけど、実際にやってみると、かなり微妙な仕上がりになることも。まぁ、キズのままよりいいかな程度だったりして。  し.…

続きを読む...

【今さら聞けない】高速道路走行前はタイヤ空気圧を上げるって本当?

速度よりも重量に合わせて空気圧を調整すべきだ  かつて高速道路を走る前にはタイヤ空気圧を高めにすることが推奨されている時代はあった。というのは、空気圧不足で高速走行を続けているときにタイヤがウネウネと変形してしまうスタン…

続きを読む...

【意外と知らない】AT車でも苦手なひとが多い坂道発進のコツとは

ポイントはブレーキのリリース前にアクセルを少し踏む  平地ではクリーピング現象で、ブレーキから足を離すだけでスルスルと進み出すAT車(Dレンジに入れたまま停車していた場合)。しかし、勾配がきつい上り坂で停車した際は、ブレ...

続きを読む...

【疑問】ガソリン添加剤は入れる意味があるのか?

効果はあるだろうが費用対効果は疑問  ガソリン添加剤。いわゆる、燃焼室や吸排気バルブ、インジェクターなどに堆積したカーボンなどの汚れを除去して、エンジンをリフレッシュするというもの。効果がないとは言わないが、費用対効果に…

続きを読む...

【注意】エンジンがかかっていても渋滞中にバッテリーが上がることがある

さっきまでエンジンがかかっていたのにセルが回らない!  8月下旬、Aさんは、家族旅行に出発。その日は平日であったが、台風9号が去って久しぶりの快晴ということもあり、行楽地へ向かう道はどこも大渋滞。首都高に平均時速20km...

続きを読む...

【疑問】クルマは短期で乗り替えるのと長く乗るのはどっちがお得?

人気車か不人気車かでお得な乗り方は変わる  クルマは高額な商品、道具であるだけに「3年から5年程度の比較的短期間で乗り換えるのと、長く乗り続けるはどちらが得なのか」と考える人もいるだろう。そこで大きなポイントとなるのが「...

続きを読む...

【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない  右折レーンの手前でよく見かける、ゼブラゾーン。これは、車両の走行を誘導するためにある「表示」(標識ではない)で、「導流帯」とも呼ばれている。進入禁止という規則ではないので、意外…

続きを読む...

【意外と知らない】バッテリー上がりの対策とは

最近のクルマはバッテリーへの負担が大きい  今どきのクルマは電装品が大量についているし、ドライブ中はナビはつけっぱし。雨の夜ともなれば、ライトやワイパーもフル稼働だ。そうなるとバッテリーへの負担はかなり大きくなる。  ち.…

続きを読む...

【危険】運転する際は前日の飲酒にも気を配る必要あり!

飲み過ぎれば一晩寝てもアルコールが抜けきらない場合も  暑い時期のレジャーで、喉の渇きを潤すのにビールなどを飲みたくなる人も少なくないだろう。しかし、クルマを運転するのであれば、絶対にアルコール飲料を口にしてはダメだ。飲…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  8. 【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

    【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

    日々の燃料代は安いがメンテンス代が高い側面も 輸入車を中心に、日本国内...

  9. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  10. 復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在 トヨタから新型スープラ...