「お役立ち情報」の記事一覧 - 4ページ目

脱出不能でパニック! クルマで狭路に迷い込み身動きがとれなくなったときの対処法とは

もっとも頼りになるのはJAF  去年(2018年)の11月、東京都墨田区の住宅街で、84歳の男性が運転するクルマが、狭い路地の壁と壁の間に挟まり、身動きが取れなくなったというニュースがあった。  このときは、警察官6人が...

続きを読む...

ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額  ミドルサイズミニバンで人気の高いトヨタ・ヴォクシー&ノアの場合、最上級に位置するハイブリッドZS&ハイブリッドSiの価格は326万9160円だ。  一方、L...

続きを読む...

値引きもコンディションもイマイチ! ディーラーに眠る長期在庫車の悲劇

生産から9カ月が過ぎると新車登録に車検費用が発生する  新車販売業界では“在庫”といってもいくつかのパターンが存在するのである。まずは商談などで、「在庫があればもう少し値引きできますよ」というようなレベルで使われる在庫は...

続きを読む...

彼氏や父親も必見! 女性のクルマ選びで絶対チェックすべき装備8選

女性ならではの重要装備も沢山ある!  新しい1年がスタートしました! どんな毎日が待ち受けているのか、ワクワクしますね。そろそろ春からの新生活に向けて、いろいろと準備を始める人も多いことでしょう。  そのなかで、「今年は.…

続きを読む...

実用性なら国産車! にもかかわらず日本で乗ってほしい輸入ミニバン3選とその理由

ネガティブな要素を挙げればキリがない輸入ミニバンだが……  国産ミニバンに乗りなれた人にとって、輸入ミニバンでまず感じる違和感は、後席の仕立てではないだろうか。ほとんどの輸入ミニバンの後席は独立シート。つまり、2列目席は...

続きを読む...

デカきゃいいってもんじゃない! 小さくても使い勝手抜群の5ナンバーミニバン3選

室内の快適さは上級ミニバンに匹敵するモデルも  ミニバンはデカい箱……そんな先入観はないだろうか。たしかに3列目席の居住性を考慮すれば、LLクラスと呼ばれるトヨタ・アルファードやヴェルファイア、Lクラスのホンダ・オデッセ...

続きを読む...

安価な実用車でも問題なし! 愛犬大満足の200万円以下の国産ドッグフレンドリーカー5選

ドッグライフプロデューサーが厳選した5台のクルマを紹介!  ドッグフレンドリーカーと言うと、大型のステーションワゴン、SUV、ミニバンを想像しがちだが、じつは200万円以下のコンパクトなクルマのなかにも、モータージャーナ...

続きを読む...

メーカー指定だとギリギリすぎ? クルマの消耗品7つと本当の交換時期

どんなにクルマが進化しても消耗品は存在する  どんなにクルマが進化しようとも、おそらくなくならないのが消耗品だ。各パーツは走ったり、時間の経過で劣化していくもので、交換をすることで好調を維持できる。  昔に比べると項目は.…

続きを読む...

その購入ちょっと待った! 年度末で大幅値引きされても今買うべきではないクルマ5選

大幅に中身が進化する可能性がある車種は新型を待て! 年度末商戦に向け、新車購入を検討しているという人は多いだろう。しかし、今買い換えるべきではない「タイミングの悪いクルマ」も存在する。そこで、後々後悔しないために、今はグ…

続きを読む...

国産車の優位は失われた!? 高い収納力と実用性をもつ使い勝手バツグンの輸入車3選

日本車のお家芸ともいえる技アリ収納も増えてきた  収納やシートアレンジなど、「お・も・て・な・し」の心で使い勝手の良さを世界でリードしてきた日本車だが、最近では一部の輸入車において、日本車も真っ青な実質的な使い勝手、収納…

続きを読む...

子どもの安全を守る「スクールゾーン」ってどういうもの? どうやって決められる?

自治体や市町村が協議して独自に設定している  どこの街でも見かけるスクールゾーン。あれはどういう基準で、誰が決めているのか? ちょっと気になるので調べてみた。  スクールゾーンとは、簡単にいうと「子どもの交通安全を図るた.…

続きを読む...

義務化で話題のタイヤチェーン! 駆動輪に装着が基本だが4WD車は前輪後輪どっちに着ける?

装着できないモデルもあるので注意  2018年11月、全国20区間で気象庁が警報を出すレベルの大雪の際、スタッドレスタイヤの装着車を含む、すべてのクルマにタイヤチェーンの装着を義務づける方針を国土交通省が発表した。  そ...

続きを読む...

最近ヒーターの効きが悪い! そんなクルマで疑うべき場所とは

温度によって冷却水の流れを管理するのがサーモスタット  主に新車から10年以上経ったクルマに乗っている人に向けた話題になるのだが、本格的な冬場を迎え「水温計が真中まで上がらない、ヒーターの効きが悪い」といった症状に悩まさ...

続きを読む...

慣れない降雪でパニックにならないために! 誰でもできるクルマの雪対策4選

降雪時のクルマの混乱は対策次第で防げる  毎シーズン、ニュースになるのが、東京など普段あまり雪が降らない大都市での交通の混乱だ。電車のダイヤが乱れるだけでなく、クルマも各所で立ち往生が多発し、「都会の盲点」的な取り上げ方…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  8. 【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

    【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

    日々の燃料代は安いがメンテンス代が高い側面も 輸入車を中心に、日本国内...

  9. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  10. 復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在 トヨタから新型スープラ...