「お役立ち情報」の記事一覧 - 4ページ目

クルマの解氷ウォッシャー液を激安で自作! その作り方と効果とは?

市販のアルコールを使って自作が可能  冬は終わりつつありといっても、いきなり雪が降ったり、気温が下がったりすることもあるので気は抜けない。とくにウインドウに付く霜は気温だけでなく、湿度も関係してくるので、少し暖かくなった…

続きを読む...

劣化して交換すると約60万円もかかることも! 電気自動車のバッテリーを長持ちさせるコツとは

リチウムイオンバッテリーはこまめに充電するのが良い  電気自動車(EV)の販売がはじまって10年近くが経つが、この間、充電について社会の注目を集めてきたのは、急速充電器の充実である。それは、ガソリンスタンドの代替と考えた...

続きを読む...

バラしたはいいがクルマが元に戻らない!?  愛車のセルフ整備は避けるべきか

方法さえ間違わなければ自ら整備を行なうのは問題ない  最近のクルマはメンテナンスフリー化、そしてブラックボックス化が進んでいるので、なかなか手出しができないが、オイル交換やホイール交換などできる部分はあるし、古めのクルマ…

続きを読む...

ボディへのダメージは大丈夫? 最近プロショップで流行の「水なし洗車」とは

水なし洗車を扱う専門店が増えている  最近よく耳にする「水なし洗車」。  市販品では以前からフクピカなど、水を使わずに汚れが落とせて、ツヤが出せるものが売られている。否定派もいるが、ボディ表面に砂などの汚れが大量に付着し.…

続きを読む...

小さなキズはOKでひび割れはダメ? 傷ついたフロントガラスの交換基準と車検通過の条件

修理のために保険を適用させるか悩みどころ……  突然、やってくるのが飛び石。高速道路を走っていたら、ピシッというあれ。何事かとおもって見るとフロントウインドウにヒビが……。通常、加害者(つまり石を飛ばしたクルマ)が弁償す...

続きを読む...

交通事故の32%が追突事故! 適正な車間距離を取るべき本当の理由3つ

前走車に近づきすぎると視界が狭くなる  あおり運転の話題が続いているが、悪質なあおり運転は論外として、適正な車間距離をキープしないのは、そもそも安全上に大きな問題がある。  道路交通法にも、「車両等は、同一の進路を進行し.…

続きを読む...

事前に確認しておかないと大トラブルの可能性も! 他人のクルマを運転する際に注意すべきこと7つ

万が一のために確認しておきたい項目も……  春の行楽シーズン、そして最大10連休とも言われる今年のゴールデンウィーク。仲間や友人のクルマで出かけたり、帰省して実家のクルマを運転する機会も多くなるはず。基本的な項目もあるが...

続きを読む...

選ばないとカーライフの質がガクッと落ちる! ミニバンを買うなら必ず付けるべき装備ランキングTOP8

業界屈指のミニバンマイスターが必須装備を指南  ミニバン購入時に、付けると便利なオプションを、過去ミニバン愛用歴12年、業界でミニバンマイスターと呼ばれているボクがお教えしたい。アイテムは8つだが、上から重要度が高くなっ...

続きを読む...

機能美だけじゃない! 上質感もプラスした新型三菱デリカD:5の内外装をチェック

プレステージ性を高め迫力を増したルックス  あくまでマイナーチェンジゆえ、ボディサイズやプロポーションに大きな変更はない。ところがルックスは、全面改良を受けたと聞いても疑わないほどに大胆な変貌を遂げた。  フロントでは三.…

続きを読む...

新東名高速などの制限速度が一部120km/hまで引き上げ! 乗用車とトラックの速度差にキケンはないのか

大型トラックの制限速度は80km/hで40km/hの差  新東名高速道路の一部区間などで制限速度が120km/hまで引き上げられることが発表された。すでに110km/hまで引き上げた区間であり、まさに社会実験ともいえる1...

続きを読む...

シャコタンもいいけど今どきは……クルマのカスタムで流行の「アゲ系」とは

じつは昔からあったカスタマイズの手法  クルマの車高は低いほうがエライ! ということでエアサスを使ってボディを“着地”させるようなカスタムがある一方、車高を上げる「アゲ系」も増えていることは、大阪オートメッセなどのカスタ...

続きを読む...

新車とはタイミングが異なる! 中古車を買うなら4〜7月がお得なワケ

新車と中古車の買い時は大きく異なる  新車の登録台数(軽自動車は届け出台数)がもっとも多いのは、決算期の3月。2位は中間決算期の9月で、最近は2月の台数も増えた。値引きの増額などから、新車をもっとも購入しやすいのは3月だ...

続きを読む...

何を選べばいいかわからない! 一般的なガソリンスタンドでできる洗車の種類と特徴とは

ガソリンスタンドの洗車メニューはおもに3パターン  愛車の洗車、どこでやっていますか? 自宅の前? コイン洗車場? 専門業者といろいろあるだろうが、やはりガソリンスタンドで洗車している人が多いのではないだろうか。  ガソ...

続きを読む...

再始動でひと安心……は間違い! バッテリー上がりのクルマをジャンプスタートした際の正しいアフターケアとは

すぐにエンジンを止めてしまうと再始動できなくなることも  クルマのバッテリー上がりは、けっこう身近なトラブルだ。JAFのロードサービスの出動依頼でも、年間を通じ一番多い出動理由はバッテリー上がり(全国で年間約74万件!)...

続きを読む...

スリップサインじゃ決められない!  スタッドレスタイヤを来季も使えるかの判断基準とは

スタッドレスタイヤは5部山以下になったら要交換  今シーズンは、東北地方も新潟、長野方面でも、気温は低いが、雪は少なめというところが多かった。ましてや雪国以外では、せっかくスタッドレスタイヤを履いていたのに、一度も雪道を…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  5. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  6. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  7. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  8. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...

  9. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  10. あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも ハイブリッド...