「お役立ち情報」の記事一覧 - 30ページ目

発売直後の新型モデルがレンタカーに大量導入される理由とは?

新型車をたくさん走らせて宣伝する意味合いもあるが……  新型車がデビューした後、初期の受注実績が発表されることがある。これは好調をアピールするためのPR手法で、「月販目標の●倍!」といった表現で、多くのユーザーに求められ...

続きを読む...

新型クラウンやフォレスターなどを狙うなら発売前に予約したほうがお得に買えるワケ

車両値引きに差はないが用品値引きや下取り査定額の上乗せで有利  夏商戦がまさに真っ盛りとなる6月下旬に、注目すべきニューモデルが何台かデビュー予定となっている。新型トヨタ・クラウン、カローラ・ハッチバックそして新型スバル.…

続きを読む...

トランク内の荷物は端に寄せないほうがいいワケ

重い荷物の場合は直進性などに影響することも  クルマに限らず人でも自転車でも運動する物体は、前後左右の重量バランスができるだけ均等であるのが望ましい。飛行機(旅客機)はロードコントロールといって、手荷物や貨物などの搭載位…

続きを読む...

タイヤのひび割れ放置は危険! ひびの発生する5つの原因とは

トレッドゴムの剥離やバーストが起きることも  タイヤの寿命は残り溝の深さを目安にするのが一般的だが、もうひとつ、ゴム表面のひび割れも見落とせない要素になる。タイヤはゴム製品ゆえに時間の経過とともにゴムの硬化が進み、使用か…

続きを読む...

新車を購入するなら7月よりも6月のほうが有利な理由とは?

納期はもちろん値引きも6月のほうが好条件になる  新車販売の世界では、値引きを引き出しやすい“増販期”というものがある。年度末商戦がその代表格ともなるが、まもなく6月と7月がメインとなる“夏商戦”が本格スタートする。  ...

続きを読む...

輸入車は壊れやすいという意見は本当か?

国産車が「壊れなさすぎ」ともいえる  輸入車に抵抗がある人の意見のひとつとして、「壊れやすいのでは?」というものがある。その反対として、日本車は壊れないというのがあるのだが、結論からというと、日本車に比べれば壊れやすい。…

続きを読む...

舗装路メインのSUVも多数! 本当に悪路に強いSUVの見分け方とは?

まずは4WDであり最低地上高200mm以上が第一の目安  まず第一に注目すべきは最低地上高。いかに優れた四駆システムを備えていても、シャコタンでは悪路や豪雪路での限界値が下がる。シャコタンは極端としても、悪路に強いクルマ...

続きを読む...

大人でも憧れるパトカーや消防車は個人で購入・所有できるのか?

消防車や救急車は官公庁オークションで購入可能  パトカーや消防車、救急車など、子供だけでなく、大人も憧れというか、興味をもっている人も多いのではないだろうか。買える買えないは別として、もし所有したらどうなるのだろう? な…

続きを読む...

ドライブレコーダーは諸刃の剣! 自らの映像で自分の過失割合が増える可能性もあり

映像の提出は任意なので弁護士や自分の保険会社などに相談が理想  交通事故に巻き込まれたときや煽り運転の被害にあったときの記録・証明・証拠として重宝するドライブレコーダー。相手方の過失を問い、自分に非がないことを証明できる…

続きを読む...

中国はEVタクシーが当たり前に! EVを未来のクルマと特別視している日本の危険性

ヒュンダイも中国のローカル仕様でエラントラのEVタクシーを出展  韓国ヒュンダイ自動車といえば、日本では乗用車販売を行っていないので馴染みが薄いのだが、世界の津々浦々で販売されているグローバルブランドとなっている。  そ...

続きを読む...

じつは大幅値引きのチャンス! 新車ディーラーで「新人」に当たったら早い商談が狙い目

商談の進め方次第では新人のほうが「おいしい」ことも  新車販売の現場でも、そろそろ今年度に入社した新人セールスマンが一人立ちして店頭をメインに新車販売活動をスタートしていることだろう。  一般的には、「新人セールスマンよ.…

続きを読む...

話題のトヨタのTNGA! まだまだ多いTNGA非採用モデルは買わないほうがいい?

TNGAの採用が必ずしも商品力をアップするわけではない  TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)という言葉を目にしたことはあるだろうか? プラットフォームやパワートレインなど、トヨタの新世代アーキテクチ...

続きを読む...

クルマの開発現場でも「忖度」! 売れないクルマが発売される事情とは

開発に着手する時点で強く反対する人が居なかった  自動車という商品は膨大な開発コストが掛かる。新型車を出すとなれば、最低でも数百億円の投資をしなければならない。当然ながら企業にとって大きな勝負といってよかろう。しかし発表…

続きを読む...

新車で買えるから引け目も感じない! 現行モデルなのに安いお買い得な中古車3選

バカ売れ人気車種でも手頃な価格で購入できる  今では新車で買うことができない往年の名車や憧れの車種を買うことができる中古車。もちろん、手ごろな日常のアシを探す上でも大変重宝するものだが、それ以外にも中古車の利点がある。そ…

続きを読む...

「常時ONはダメ」「定期的な稼働が大切」など古いクルマのクーラーは使い方に要注意

まだまだ多い80年代以前のクルマは要注意  室内を快適に保ってくれるなど、今や1年中欠かせない装備がエアコンだ。一方、旧車はどうだろうか? あまりに古いモデルとなると、湿気はあまり取れず、温風も出ない、ただのクーラーにな...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  8. 【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

    【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

    日々の燃料代は安いがメンテンス代が高い側面も 輸入車を中心に、日本国内...

  9. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  10. 復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在 トヨタから新型スープラ...