「お役立ち情報」の記事一覧 - 30ページ目

オートマ車は「D」レンジのまま信号待ちをしてもクルマの負担にならないのか

小まめにNやPに入れるほうが機械への負担は大きい  答えから先に言えば、負担はありますが、それは想定された負担です。信号待ちはDレンジでまったく問題ありません。これはトランスミッションの形式、トルコンATやCVT(一般的...

続きを読む...

最悪はサイドエアバックが開かない可能性も…… 正しいシートカバーの選び方

購入前にサイドエアバッグ対応か確認  シートの質。とくに表皮に使われる素材の質はかなりよくなってきたので、昔のようにシートカバーをするというのは減ってきているかもしれない。クルマというものが家の次に大きな買い物で大切な存…

続きを読む...

年度末によく遭遇する交通誘導員と信号はどちらを守ればいい?

円滑に交通整理してくれているものの基本的には信号を優先  信号のある交差点などで工事中の場合、交通誘導員が現場に立って、クルマや歩行者の誘導を行っている。このとき信号が赤なのに交通誘導員が「進め」という指示を行ったとした…

続きを読む...

ママもこれなら納得! スライドドア車だけは買いたくないパパにオススメのクルマ5選

機能的な装備が充実しているとママも嬉しい!  子育て世代、とくにチャイルドシートを使う小さな子どもがいる時期に便利なのは、やっぱりスライドドア車。でも「1人で乗ることもあるからミニバンはちょっと」とか、「便利なのはいいけ.…

続きを読む...

2代目日産リーフが目指したのはEVのスタンダード! こだわりの内外装を徹底解説

ダイナミックなデザインで先進性を表現  ユニークなデザインでインパクトのあった初代リーフ。2代目はEVのスタンダードを目指し、先進性を感じさせつつオーソドックスなハッチバックスタイルで登場した。  EVを「特殊なクルマ」...

続きを読む...

自動で歩行者を避ける! 歩行者を守る外側エアバッグ! 猛烈進化のクルマの最新安全装備事情

安全装備の進化は確実に交通事故の死者数を減少させている  2017年の交通事故による死者数は3694人と、史上最少となった。24時間以内死者数、30日以内死者数とも着実に減少、安全な交通に向かっていることが実感できる。と...

続きを読む...

赤い塗装の道路にはどんな意味があるのか?

ドライバーへの注意喚起やすべり止めの効果も!  道路=アスファルトといえば黒い色というイメージだが近年、路側帯を強調した緑の路面や青色の路面など、カラー化された路面をよく見かけるようになった。なかでも一際インパクトのある…

続きを読む...

払い戻し金額まで……ETC車載機が音声で伝える金額は正しいのか?

双方向通信によりリアルタイムで正しい金額を通知している  今や多くのドライバーが有料道路の料金を、ETCシステムを利用して支払っているだろう。料金所を通ったときや路線が変わったときなどに、ETCユニットなどが支払額をアナ...

続きを読む...

その場所! その方法! 本当に適切? 納得のいかない警察の交通違反取り締まり3選

違反する方が悪いものの違反を未然に防ぐのも警察の役目では……  子どもの頃、警察官は正義の味方として頼もしく思っていた人は多いだろう。しかし、大人になると警察官に対していいイメージを持つ人はグッと少なくなる。その原因のひ...

続きを読む...

「雪道」とひとくくりはNG! 同じ日本国内でも場所に合ったタイヤ選択をすべき

たまに雪が降る程度なら「M+S」タイヤもあり  インターネット上にはいろいろな情報がありますね。玉石混合という言葉がありますが、まさにそう。単に情報として正しくないというものもありますが、中には情報不足や勘違いが前提にな...

続きを読む...

ロングドライブの苦痛が軽減! 長距離走行が楽ちんな輸入車4選

快適装備やシートのデキなど総合的に評価 「高速道路を使った長距離ドライブが快適、楽なクルマ」と言われたら、その条件はエンジンパワーに余裕がある、スタビリティ(走行安定性)が高い、シートのデキや静粛性といった快適性、最近急…

続きを読む...

メルセデス・ベンツが始めたクルマのネット販売は今後スタンダードになるのか?

値引きありきの商習慣や試乗できないなどの理由で普及は限定的  2017年10月、メルセデス・ベンツ日本がクルマのオンライン販売を開始した。SLCの6速MTなどオンラインショップ限定モデルを用意したことも話題となったが、規...

続きを読む...

「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か

広さや乗降性ならミニバンだが走行すると…… レクサスLSが新しくなり、攻めのコンセプト、デザイン、走行性能が話題になっている。そんな高級サルーンはショーファーカーの定番だが、一方でアルファード&ヴェルファイアのよ...

続きを読む...

見落としがちだが車内は恐ろしいほど汚れている! 美しさを取り戻す車内清掃のコツとは

素材に合わせたクリーニングの方法が必要  ボディは汚れたら目立つので、洗車をしなくてはと思うものだけど、室内は汚れが目立ちにくいし、徐々に汚れていくので気が付きにくいというか、意識がいかないことも。実際に聞くと「うちのク…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  3. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  4. モデル末期でも狙い目! 超熟成のいまが買いなクルマ5選

    モデル末期でも狙い目! 超熟成のいまが買いなクルマ5選

    大幅値引きはもちろん走りも色褪せていない どんなクルマにもいずれ訪れる...

  5. 見た目の美しさや明るさだけじゃない! 新車が続々とヘッドライトをLED化する理由

    見た目の美しさや明るさだけじゃない! 新車が続々とヘッドライトをLED化する理由

    エンジンの負担も減って燃費向上にも効果あり! 最近は純正装着だけでなく...

  6. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. SUVはすべて悪路に強いという勘違い! 災害などに備えた正しいSUVの選び方とは

    SUVはすべて悪路に強いという勘違い! 災害などに備えた正しいSUVの選び方とは

    万が一の事態を想定するなら見た目よりも機能性を重視したい 世の中SUV...

  9. 新車は「登場したて」と「モデル末期」でどちらが買い得か?

    新車は「登場したて」と「モデル末期」でどちらが買い得か?

    末期モデルより出たばかりのモデルの方が“気持ち”買い得 新車購入の世界...

  10. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...