「お役立ち情報」の記事一覧 - 3ページ目

覚えてない人多数! 教習所の教本以来ほとんど見かけないレアな標識10選

道路標識は約120種もあるので珍しいモノもある  道路標識は都道府県の公安委員会が設置するものと、道路管理者(国土交通省、NEXCO、地方自治体)が設置・管理するものの二種類がある。いずれも交通安全と円滑を図ることを目的...

続きを読む...

消滅時さえ話題にならない!  人々の記憶からなかったことにされ気味の残念すぎる国産車5選

テコ入れするも販売台数が伸びなかったモデルも  毎年何台もの新型車が登場する裏側で、ひっそりと販売を終了していく車種も存在する。なかには販売終了後も話題になることもなく、記憶から消えかけてしまった車種も残念ながら少なくな…

続きを読む...

人気車種は3年・不人気車は5年落ちが狙い目! お得な中古車の買い方とその理由

安さ重視なら不人気車の不人気色で5年落ちがいい  中古車の価格は、人気度によって左右される。新車価格が同等のクルマ同士でも中古車価格には差が付き、人気車は高価格で不人気車は安い。  従って何よりも安さを重視するなら、不人...

続きを読む...

常にECOモードはダメ! 本当に燃費にいいモードの選び方とは

腕によってはアクセルワークに対する反応がリニアなほうがいい  ハイパフォーマンスより省燃費性能がセールスポイントになって久しい。そのため、いわゆるエコカーと呼ばれるクルマでなくとも、「ECO」をイメージさせるドライビング...

続きを読む...

走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に  スポーツカーをドライブする醍醐味にワクワクやドキドキする、ある種の興奮と緊張は欠かせない。日常よりもちょっとだけ心拍数が上がり、うっすら汗をかくぐらいのスポーツドライ…

続きを読む...

日頃の運転が子どもの将来を決める! 子どもをクルマ嫌いにする行為5選

運転はもちろん車内の環境にも注意!  カー用品メーカーのデンソーテンが行った、「子どもは目隠しでお父さんの運転を当てられるか?」という実験が話題になりました。同じクルマ、同じコースを「初心者」「タクシードライバー」「父親…

続きを読む...

日本では不人気で日陰の車種……でもアメリカでは大ヒット中の日本車3選

国内では見捨てられてマイナーチェンジすらしてもらえない車種も 「お国柄」という言葉があるように、国が変われば趣味趣向も大きく異なってくる。これはクルマに対しても起こりうることであり、実際に日本ではそれほど売れていない車種…

続きを読む...

国民生活センターに苦情も! 自動ブレーキ装着車オーナーが知っておくべき真実

緊急時に被害を軽減するものでエアバッグのように解釈すべき  もともと「衝突被害軽減ブレーキ」と呼んでいた機能が、いつの頃から「自動ブレーキ」と呼ばれるようになった。英語ではAEB(Autonomous Emergency...

続きを読む...

国産車ではかなりレア! スーパーチャージャーでファンを魅了したクルマ7選

軽自動車に搭載をしてラリーを優勝したモデルも  スーパーチャージャーとはエンジンの過給器システム全般で、じつは広義ではターボチャージャーも含まれる。  だが一般的には、クランク軸からの出力によって過給器を駆動する機械式過.…

続きを読む...

クルマ好きでも意外と知らない! ナンバープレートのメンテナンス方法とは

美しく見せるには消しゴムが有効  ボディ、そしてタイヤやホイールといった足まわりに関してはせっせとお手入れをするのだが、意外に忘れがちなのがナンバープレート。なんとなく、どうやっていいのかわからないという感じだろうか。 .…

続きを読む...

完全自動運転技術が実現・浸透すれば事故ゼロの社会が訪れるのか?

現在よりも事故は格段に減るもののゼロは難しい  いま世界中の自動車メーカーが目指している理想のひとつが「交通事故による死傷者をゼロにする」ことだ。衝突安全ボディ技術の確立と普及により、事故により乗員が死傷するケースは確実…

続きを読む...

パンクしていないのにクルマのタイヤの空気圧が自然と下がる理由とは?

タイヤのゴムを空気の分子が少しずつすり抜けていく  タイヤはパンクをすれば空気は抜ける。これは当然のこと。でも、知らない間にタイヤがぺったんこになっていたり、スタンドで給油しているときに「タイヤの空気減っていますね」と言…

続きを読む...

アメリカの20倍以上! ユーザーを圧迫する日本の自動車税は正義か?

経済産業省は減税を目指すが複雑な税制が足かせに  自動車諸税の負担が日本のユーザーにのしかかっている。自動車税制の改正を求めて活動しているJAFによれば、アメリカに比べて日本の自動車税は約23倍となっているという。消費税...

続きを読む...

昭和の少年が恋い焦がれたクルマたち! スーパーカーブームを作り上げた名車6選

カッコいいクルマを定義づけたスーパーカーたち  1970年代後半、当時、多くの男の子たちを熱狂させたスーパーカーブーム。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、この頃、スーパーカーの洗礼を受けた少年たちはオジサンになっ...

続きを読む...

洗車のつもりがただのヤスリがけ! ザラザラになったクルマの本当の洗車方法とは

黄砂や雪道走行後などは注意が必要  毎年とても問題になるのが黄砂。ボディは砂で真っ黄色になるほどで、触ってみてもざらざら。さらに黄砂以外でも、雨が降れば水アカだけでなく他車からまき上がった泥や砂が付着しているし、雪のあと…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  2. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  3. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  4. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  5. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  6. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

  7. クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    昔のクルマでは重要だったが今では必要ないテクニックもある クルマやタイ...

  8. 【今さら聞けない】カックンブレーキの原因とは?

    【今さら聞けない】カックンブレーキの原因とは?

    操作が原因の場合とシステム特性が原因の場合がある 信号が赤だ、となると...

  9. これがニッポンの技術力! 世界を驚愕させた日本のクルマ3選

    これがニッポンの技術力! 世界を驚愕させた日本のクルマ3選

    自動車の歴史が浅い日本でも世界で評価されるクルマはある! 日本車の歴史...

  10. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...