「お役立ち情報」の記事一覧 - 10ページ目

雨上がりに放置はNG! 露天駐車のクルマの寿命を延ばすひと手間とは?

雨がやんだ直後に走行するだけで錆対策になる  最近はやたらと雨が多かったするが、基本的にはクルマに限らず、家やビルなど、雨に当たっていいことはほとんどない。理由はもちろん雨水や湿気の侵入だが、クルマの場合はどういう影響が…

続きを読む...

かつてはプレリュードにソアラ! 実用性も兼ね備えたイマドキの大人のデートカー5選

見た目以上の上質感を演出するクルマも  かつての80~90年代、日本には「デートカー」というカテゴリーがあって、六本木のカローラ=赤いBMW3シリーズやホンダ・プレリュード、初代トヨタ・ソアラなどがその代表格だった。そん...

続きを読む...

ライトの消し忘れだけじゃない! 誰でも起こるバッテリー上がりの要因5つ

オルタネーターの発電量以上に使用すればバッテリーは上がる  バッテリーがないとエンジンをかけることはできないし、場合によっては走ることもできない。そう考えると、すべてのクルマは電気自動車と言っていいのだが、そもそもバッテ…

続きを読む...

クルマ好きがやりがちだが街中ではまったく無意味なドラテク6選

無意味どころか街中ではマイナスでしかないドラテクも  何事もこだわる人ほど、ひと手間加えたくなる傾向がある。とくにドライビングもベテランや通ほど、そういうこだわりの操作が見受けられるが、時と場合によって、それらは独りよが…

続きを読む...

一見鈍足なのにエンジンは強烈! スポーツカーをぶっちぎれる異端のクルマ5選

スカイライン以外にも「羊の皮を被った狼」は存在  スカイラインGT、のちの2000GT-Bは無骨な4ドアセダンだが、高性能エンジンを積み、公道でもサーキットでも速い走りを見せつけた。そこでクルマ好きは「羊の皮を被った狼」...

続きを読む...

ハイブリッド=走りがつまらないは嘘! 手頃な価格と走りと燃費の3拍子揃ったハイブリッド車3選

走りの満足度が非常に高いモデルも  ハイブリッドは環境には優しいけど、スポーティーさとは無縁では……というイメージが強いかもしれないが、2014年以降、F1だって1.6リッターのハイブリッドターボのパワーユニットで、80...

続きを読む...

「年式」or「走行距離」中古車選びはどちらを優先するのが正解か?

高年式よりも低走行の個体のほうが全体的にシャキっとしている  中古車を購入するときに直面する問題が、「年式」を優先すべきか「走行距離」を優先すべきかという問題だ。もちろん高年式で低走行の車両を狙うのが間違いないことは言う…

続きを読む...

ガソリン価格の上昇で自動車ファン悲鳴! そもそもガソリン価格はなぜあんなに変動するのか?

取引価格と為替の変動が小売価格にダイレクト影響する珍しい製品  自動車などの工業製品は、ある程度の定価(メーカー希望小売価格)が決まっているが、ガソリン価格は常に変動している印象がある。実際レシートなどで確認すると、ガソ…

続きを読む...

家族も満足サーキット派も納得!  ニッポンの俊足スポーツセダン4選+α

実用性とスポーツカーばりの走りを両立したモデルたち  BMW M3セダンやアウディRS3セダンなど、スポーツカーと同等以上の走りと、4ドアの実用性を兼ね備えたスポーツセダンは、ある意味クルマ好きのベストチョイスといえる車...

続きを読む...

家族全員が満足! 走りも実用性も1台で全部こなしたい人が選ぶべき究極のマルチカー5選

大人数乗車や荷物を満載しなければワゴンがベスト!  クルマ好きのファミリーがクルマを選ぶとき、優先順位は人それぞれだろうけど、基本は乗り心地やエンジンの気持ちよさ、必用十分以上の動力性能、安心感と安定感たっぷりの操縦性、…

続きを読む...

安くて速さもほどほどだから面白い!  国産「中辛」ハッチバック5選

値段以上の走りを披露する  コンパクトで実用的なハッチバック車をベースに、スポーティーな味付けを加えたホットハッチはモデルは、スポーツドライビングに興味がある人のエントリーカーやセカンドカーとしてもうってつけの一台。  .…

続きを読む...

お金がなくても楽しみたい! 若者にオススメの安ウマ中古スポーツ3選

安くても本格的なスポーツ走行が可能なモデルたち  若者のクルマ離れという便利な言葉で片付けられてしまってはいるが、もちろん現代にもクルマ好きの若者は一定数存在している。そんな彼らを悩ます問題がスポーツモデルの高騰だろう。…

続きを読む...

栃木県警の日産GT-Rも真っ青! 絶対に逃げられない世界の俊足パトカー4選

最高速度325km/hというスペックを持つクルマも  先日、栃木県警に日産GT-Rのパトカーが導入されたことが話題となったが、世界にも一線級のパフォーマンスを持つパトカーが存在している。そもそもパトカーから逃げることはほ...

続きを読む...

なぜハイブリッドカーのブレーキに違和感を感じるのか?

バイワイヤのブレーキに対する慣れの有無が原因  ハイブリッドカー、具体的にはトヨタ・プリウスを初めて(久しぶりに)運転したドライバーから「カックンブレーキで扱いづらい」という声が上がることは珍しくない。その理由はプリウス…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  8. 【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

    【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

    日々の燃料代は安いがメンテンス代が高い側面も 輸入車を中心に、日本国内...

  9. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  10. 復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在 トヨタから新型スープラ...