• TOP > お役立ち情報

「お役立ち情報」の記事一覧

長距離運転が苦じゃなくなる! ドライバーを手取り足取り助けてくれる最強装備5選

最新の運転支援装備は明らかに疲労を軽減  クルマが大好きでも、長距離のドライブは疲れる、眠くなる、さらに集中力が切れやすく、運転が不安で苦手だと決めつけているドライバーも多いと思う。  ここでは、そんな長距離運転が苦手な.…

続きを読む...

一歩間違えると塗装に取り戻せないダメージも! 洗車時に水滴の「跡」を残さない方法5選

これからの暑い季節は要注意  愛車のボディに水滴によるシミがついてしまった経験を持つ人は少なくないだろう。塗装の上にできた水滴がレンズになり、日光を集めることで、塗装を焼いてしまうのが原因だ。一度焼けてしまうと、塗装内部…

続きを読む...

手をかけたつもりが故障の原因に! 意外に難しいクルマのセルフメンテ5選

プラグは締め過ぎても緩すぎても大惨事に……  メンテナンスを自分でやるのは愛車がどんな状態なのかが自らわかって愛着も湧くし、費用の節約にもなる。最近のクルマは手が出せないとはいえ、やれることはあるし、少々前のクルマならさ...

続きを読む...

メーカーは「あおり運転の被害」対策にも有効と発言! クルマの「SOSコール」は実際どう使えばいい?

いまSOSコールが多くの車種に拡大している  いまクルマの先進装備として注目されているのが、ヘルプネットによるSOSコール。これまでレクサスなど一部の高級車にのみ装備されていた、先進の情報通信技術による最先端の自動緊急通...

続きを読む...

愛車の部品製廃でもう乗れない? そんな状況でも旧車を維持していくための方法4選

メーカーからの部品供給が停止していることもザラ  最近とくに人気を集めているいわゆる旧車と呼ばれるクラシックモデル。1960年代前後の本格的な旧車はもちろん、最近では90年代の車両も旧車の仲間入りを果たし、旧車人気はとど...

続きを読む...

ガスやフィルターだけじゃダメ! これからの時期に大切な本当のクルマのエアコン点検とは

梅雨や夏が来る前にエアコンのメンテをしておくべき  これから梅雨、そして夏と、エアコンが活躍するシーズンがやってくる。最近では1年中オンにしっぱなしというクルマも多いが、初期化という意味でも一度しっかりとメンテナンスをし.…

続きを読む...

下取り査定に有利! 付けて快適・売るとき高い一挙両得なクルマのオプション装備5選

数年先の自動車事情を考える必要アリ  新車購入時に悩むのがオプションの選択。とくに新車の製造ラインでしか装着できないメーカーオプションは基本的に後付けがきかないだけに、より悩ましいところ。ここではこのところ新車購入時に注…

続きを読む...

速さも燃費もATが圧倒! だがMTが楽しい! というひと向けのマニュアル車を手足のように操るコツ6選

シフトレバー操作時は力を抜きスプリングを上手く使う  いまやすっかり少数派のMT車だが、効率云々ではなく、エンジンを楽しむ、運転を楽しむという意味では、AT車に勝る魅力がある。そんなMT車を操るときのコツをおさらいしてみ...

続きを読む...

根本解決はセルフでは厳しい! クルマ好きを悩ますヘッドライト曇りの対策とは

原因は紫外線と保護膜の劣化が大半  ヘッドライトのレンズが次第に曇ってきた、と悩んでいる人は多いのではないだろうか。最初はクリアだったのに、次第に曇ってきてしまうというやつだが、ライトの光量が減ってくるだけでなく、見た目…

続きを読む...

GWのドライブでもお財布にダメージ! 誰でも避けられるクルマの燃費を悪くする原因8つ

ふんわりアクセルは必ずしも効率的ではない  燃費なんていうものはムキになって稼ぐものではないと思うが、ノー天気に走っていると意外にロスが多いもの。ちょっとしたことで効率がよくなり、燃費にも好影響を与える要素があるので、新…

続きを読む...

サイズや銘柄が同じでも異なるのはなぜ? タイヤの「指定空気圧」が車種によって違うワケ

クルマによって指定空気圧が違うのは装備や車重が異なるから  運転席側のドア付近あるいは給油口等に貼付された空気圧表示シールに記載されている「指定空気圧」。  これは車種ごとに自動車メーカーが指定している値で、車重、車重の.…

続きを読む...

クルマ好きの宿敵「洗車キズ」! 可能な限り防御する本当に正しい洗車方法とは

キズを付けないためには可能な限りボディをこすらないことが大切  あまり気にしない人には関係ないだろうが、洗車好き、さらにはボディの程度にこだわる人にとっては洗車時のキズは宿敵といってもいい存在だ。気にしないという人でも、…

続きを読む...

あおり運転被害にも有効! これからの高齢ドライバー必須の「つながる国産実用車」4選

事故の際に救急や消防への連絡を行ってくれる機能も  クルマの未来感を強く感じさせる機能のひとつが、専用通信機を搭載したコネクティッドカーと呼ばれるクルマに装備される、ナビに連動したオペレーターサービス&ヘルプネッ...

続きを読む...

年式や走行距離だけじゃわからない! 中古車の状態を見極める裏技ポイント6選

年式と劣化の度合いを照らしわせてみるべし  中古車を買うというのは不安があるもの。走行距離や年式、見た目で判断しつつも、騙されているのでは? と疑心暗鬼になることも多々ある。最終的には、中古車のプロにかかればどうでも騙さ…

続きを読む...

しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静岡~森掛川の約50kmの区間で試行最高速度が120km/hに引き上げられました。110km/hの試行期間を経て、交通事故の発生件数に大きな変化がなかっ...

続きを読む...

1 / 10712345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も 最近、駐車場で「ほか...

  2. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  3. 違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    周囲への意思表示が重要となる ショッピングモールの駐車場やコインパーキ...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    緊急回避に役立つテクも教えるべき ほとんどの人が免許を取ったときにお世...

  6. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  7. 【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    道路交通法では停止線の直前で停まるとなっている 交差点などに引かれてい...

  8. 【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない 右折レーンの手前でよく見かけ...

  9. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  10. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

grizzly 400 cooler

profvest.com

best-cooler.reviews/frio-cooler-review-texans-definitely-know-how-to-make-a-cooler/