「特別編集企画」の記事一覧 - 6ページ目

【当時乗った中谷明彦も注目】ヨコハマが復刻するアドバンHF Type Dってどんなタイヤ?

1980年前後の旧車スポーツモデル向けに現代技術を用いて復刻  ヨコハマがかつて一世を風靡したスポーツタイヤ「アドバンHFタイプD」を復刻し販売を開始する。タイプDとはタイヤトレッドパターンのアウト側3分の1ほどと、ショ...

続きを読む...

【スクープ】F1開催中の鈴鹿でヒュルケンベルグが乗ったカングーは発表前の限定車か!?

サイドには「FORMULA EDITION」のロゴが! F1日本GPが三重県・鈴鹿サーキットで開催中だ。サーキット入りするドライバー待ちをしていたところ、見慣れないカングーを発見。ルノーF1のエースドライバー、ニコ・ヒュ...

続きを読む...

【スクープ】F1鈴鹿でヒュルケンベルグが乗ったルノー カングーは日本未発売モデル!?

F1ドライバーによる市販モデルの改良テストか? 2017年のF1日本グランプリが三重県・鈴鹿サーキットで開催されている。サーキット入り口でドライバーの入り待ちをしているファンを横目にカメラを構えていると、ルノー・スポール...

続きを読む...

アウトランダーACTIVE GEARで雲海を求めて女子一人のプチ冒険

雲海ナビを使えば高確率で雲海に遭遇できる  ある一定の条件がそろわなければ見られない幻想的な景色、「雲海」。写真やテレビなどで目にすることはありましたが、やっぱり自分のこの目で一度は見てみたいと一大決心! 雲海出現NAV...

続きを読む...

【試乗】走りの楽しさと実用性とエンタメと三拍子揃ったルノー カングーS MT

究極の実用車といえるカングーの使い勝手  ルノーカングーは間違いなく世界最高峰の超オシャレな超実用車である。  ルノージャポンによる全モデルの販売台数のなかで、内訳の多くを占めるカングーは、その熱狂的なファンの多さから、.…

続きを読む...

燃料タンクに入れるとエンジンの「性能回復」そんなアイテムは本当に効果が感じられるのか?

走行距離12万kmのトヨタ・アクアでインプレッション! KURE FUEL SYSTEM PERFECT CLEAN DX [KURE フュエルシステム パーフェクトクリーン DX] 内容量:300mL 価格:オープン ...

続きを読む...

ヘッドライトが暗い……そんな人には簡単交換LEDバルブがオススメ

RAYBRIG ヘッドランプ用LEDバルブ  アフターパーツとして販売される安価なHIDやLEDのキットは、すぐに壊れてしまうなど粗悪な商品も出回っている。また保安基準にはクリアしたとしても、対向車に対しての眩しさなどと...

続きを読む...

フランスの辞書にも載っているルノーのグレードZENは日本語の禅が語源!

今ならトゥインゴとルーテシアのZENが20万円お得に買える!  ああ、もう夏は終わったんだなぁ……と妙な具合に実感させられたのは、この9月1日から30日までの1カ月間、ルノージャポンが開催するキャンペーンの名前を耳にした...

続きを読む...

【試乗】新型ホンダ・フィットのポテンシャルを解き放つ無限マジック!

攻めた見た目に違わぬ攻撃的な走り  フィットはビッグマイナーチェンジでノーマルもスポーティなルックスに変更された。しかし無限仕様はその上をいっており、そのままスーパー耐久ST-5クラスに参戦できそうなくらいのレーシーなス...

続きを読む...

新型ホンダ・フィットの安全&運転支援装備ホンダセンシングを徹底チェック(動画あり)

ホンダセンシングは8つの機能の総称  第1問 ホンダセンシングをご存じだろうか?  第2問 それがフィットに装備されたことをご存じだろうか?  この2つの質問の答えの認知が広がるほどに、コンパクトカーの勢力図にも変化が見...

続きを読む...

注目の軽自動車「字光式」ナンバーはバックライトで美しさが激変!

文字そのものではなく縁が光るためドレスアップ効果も抜群  字光式ナンバーの歴史はけっこう古い。初めて登場したのは1970年で、80~90年代にはハイソカーやVIP系のユーザーを中心に人気を博した。そしてここ10年くらいは...

続きを読む...

トヨタ&ダイハツ車とカロッツェリアカーナビの「配線」ならコレ!

ステアリングリモコンからバックカメラまでセットで迷う必要なし  トヨタ、ダイハツ車を新車で購入する際、メーカーオプションで定番となっているのが「ナビレディパッケージ」(トヨタ)/「ナビアップグレードパック」(ダイハツ)。…

続きを読む...

新型ホンダ・フィットを個性的に楽しむ「無限アイテム」の魅力

これぞ無限! フィットがアグレッシブなスタイルに変身  大幅改良でスポーティイメージがプラスされたフィットだが、ホンダのワークスチューナー「無限」は、その上を行くホットハッチに仕立てるアイテムを多数用意。  エアロパーツ.…

続きを読む...

6 / 6« 先頭...23456

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    日本のマンガで有名となった1台も今は高値安定 中古車の価格というものは...