• TOP > 特別編集企画

「特別編集企画」の記事一覧

事故はもちろんアオリ運転対策ならコレ! 前後別体カメラのドライブレコーダーの決定版

リヤウインドウに装着するから死角なし! 「データシステム」のドライブレコーダー『DVR3100』は、前後の様子を録画できる2カメラタイプ。後方用カメラは別筐体でリヤウインドウに装着するため、一般的な前後カメラ一体式より車...

続きを読む...

流行の小排気量直噴ターボエンジン車に朗報! エンジンを守る最適オイルがSUNOCOから登場

一流レーシングドライバーも認めた高性能を体感  創業130年を超える長い歴史をもつ、世界有数の総合エネルギーメーカー米国SUNOCO社。世界に先駆けて開発・製品化された「冷凍機油」は、水分や不純物を極端に嫌うため、高い製...

続きを読む...

果たして雪道でどこまで走れるのか? ネクセンのオールシーズンタイヤを雪道でチェック

シーンを選べば雪道でも安心して走行できる  昨年10月、初めて冬を迎える愛車プリウスPHVの足もとに履くタイヤを悩んでいた。そこで目をつけたのは、近年注目されているオールシーズンタイヤ。雪や氷の路面は稀にしか走らないので...

続きを読む...

【試乗】日産ノートe-POWER AUTECHは「こだわる大人の女性」にイチオシ!

やりすぎない絶妙な上質さがノートAUTECHの魅力  つい最近、ある欧州車メーカーの新型車導入プレゼンで、「日本には手頃な価格で購入できる実用性/性能やパフォーマンスがバランスされたコンパクトカーが豊富にある。だから我々...

続きを読む...

腕時計をしなかったSUBARU応援団長がレース現場でカシオEDIFICEを使うようになったワケ

サーキットでのレース観戦に便利な機能が満載  SUPER GT(GT300クラス)に参戦するSUBARU BRZ GT300の公式応援団長を務めさせていただいているマリオ高野です。  毎戦、各地のサーキットのグランドスタ...

続きを読む...

【ムービー】ルノー・スポールの「トップガン」がメガーヌR.S.を徹底解説!

どの速度域でも安心して踏むことができる ルノー メガーヌR.S.の日本導入に合わせて、ルノー・スポールでF1を除く競技車両や市販車両のテストドライブを担当しているロラン・ウルゴンさんが来日した。 Dr-Chinaでは...

続きを読む...

エンジン好きの私が日産リーフにべた惚れした理由とは

静粛性だけでなく楽しさもモータードライブは奥深い  私がクルマを好きな理由のひとつは、タイヤのゴムとガソリンスタンドの匂いだったりする。その「好き」が半分になってしまう電気自動車(EV)って、楽しいの? と疑心暗鬼だった...

続きを読む...

【ムービー】運転が苦手な人必見! 日産リーフの運転支援を徹底チェック

プロパイロットパーキングなら出先の駐車が苦じゃなくなる  2010年に発売されてから、世界中で電気自動車ならではの走る楽しさを提案してきた日産リーフ。2代目へと進化し、高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭...

続きを読む...

スズキ・スペーシア/クロスビーの全方位カメラを社外ナビでも使えるアダプターが登場

安価な市販ナビでも使えるから費用を抑えられる  自動車用電子系アイテムをリリースする「データシステム」が、スズキ・スペーシア/クロスビーの純正全方位カメラの映像を市販のカーナビゲーションのモニターに映し出せる『全方位モニ…

続きを読む...

TRDハイラックス レボがオーストラリアの砂漠を激走! 【フィンクデザートレース前編】

ライバルは日産パトロールとスズキ・ジムニーシエラ  オーストラリアの砂漠を2日間かけて縦断する”フィンクデザートレース”が6月に開催された。このレースの第一回大会は1976年とその歴史は長く、毎年参加者が右肩上がりで増加...

続きを読む...

セレナやノートが登場! 新生ブランドの「AUTECH」は何を目指すのか

スポーツイメージなら「NISMO」、では「AUTECH」は……  スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗した野口聡一さん、「エンデバー号」に搭乗した土井隆雄さんというふたりの宇宙飛行士をはじめ、数々の名曲を持つ加山雄...

続きを読む...

四国を堪能! スズキ・クロスビーを満喫! 長距離ドライブ旅のススメ

四国へのドライブ旅は上陸する前から楽しい  本州の遠方から四国に入るには空路が早くてラクだが、旅情を満喫するなら、道すがらいろいろな発見がある陸路、それも自分でハンドルを握るクルマ旅が面白い。  感動は瀬戸内海を渡るとき.…

続きを読む...

サーキット派必見! 大径ブレーキにも対応した軽量高剛性のアルミホイール登場

機能性とデザイン性を融合したウェッズスポーツTC105X  スーパー耐久シリーズやスーパーGTをはじめとするモータースポーツに長年参戦しているホイールメーカー「ウェッズ」が、そのレース活動で培った技術を投入した『ウェッズ...

続きを読む...

20代女子はなぜ二人旅にHonda VEZELを選んだのか?

ホンダセンシングの安心サポートが女子にはピッタリ  東京都内のオフィスで「あー、癒されたい」と口グセのようにつぶやくCARトップ編集部の20代女子ふたり。普通の女子なら都内のエステにでも行くところ。でもクルマが何より好き...

続きを読む...

1 / 612345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...