「トヨタ/レクサス」の記事一覧

【ムービー】FFになっても走りは抜群! レクサスESチーフエンジニアに直撃インタビュー

7代目にして日本初導入となる!  もうまもなく日本導入される、アッパーミドルクラスセダンのレクサスES。今年4月に北京モーターショーで発表された、7代目となるESの駆動方式はFFを選択。もちろん、スポーティグレードの「F...

続きを読む...

【WCT TV】国沢光宏の気になるクルマvol.4 クラウン後編

国沢さんと開発主査の秋山さんが本音トークを繰り広げる!  自動車評論家の国沢光宏さんが、旬なクルマのアレコレをお伝えするWEB番組「国沢光宏の気になるクルマ」。第4回目は、前回に続き、大注目の新型トヨタ・クラウンがテーマ...

続きを読む...

【WCT TV】国沢光宏の気になるクルマvol.3 クラウン前編

開発責任者からクラウンの開発ウラ話も飛び出す!  国沢光宏さんをメインMCに、Dr-Chinaが新たに送るWEB番組の「国沢光宏の気になるクルマ」。第3回目は、15代目となるトヨタ・クラウンです!  今回は中谷明彦さ...

続きを読む...

若者向けのハズのトヨタ・カローラスポーツに杖ホルダー! やっぱり高齢層向けなのか?

生まれ変わったカローラは幅広いユーザー層をターゲットにする  カローラスポーツが話題だ。3ナンバーとなったカローラには賛否両論だったが、発売1カ月で約9200台と月販目標の4倍となる受注を集めたほどの実績を重ねた上に、6...

続きを読む...

やっぱり新型クラウンじゃなきゃダメ! 日本のオヤジが同価格でもアウディやBMWを選ばないワケ

雰囲気は保守的でも代々先進の中身が与えられてきた  2018年6月にフルモデルチェンジしたトヨタ・クラウンが好調だ。発売一カ月での初期受注は約3万台、7月の販売台数でも7,225台(自販連調べ)と好スタートを切っている。...

続きを読む...

50周年記念車も! ビジネスシーンで活躍するトヨタ・ハイエース/レジアスエースに特別仕様車登場

高級車の雰囲気が漂うインテリアに注目!  トヨタ自動車は、働く人たちの強い味方「ハイエース/レジアスエース」に、2つの特別仕様車を設定した。  まず、両車に用意されたスーパーGL“DARK PRIMEII”は、最上級グレ...

続きを読む...

トヨタ自動車の創業者「豊田喜一郎氏」が自動車殿堂に選出! 記念式典が開催

孫にあたる豊田章男社長らがスピーチを実施  クルマに乗るひとなら誰もが知っているトヨタ自動車。その創業者である豊田喜一郎氏が、2018年の米国自動車殿堂に選出され、7月19日、アメリカのデトロイトで授賞式が開催された。 ...

続きを読む...

【試乗】名前のとおりスポーティ! 老若男女OKの新型トヨタ・カローラ スポーツ

プリウスのデザインが気に入らない人にオススメ  1966年に誕生し世界150カ国以上で累計4600万台以上を販売してきたカローラ。今回、カローラスポーツというネーミングで、世界統一規格モデルのハッチバックが登場した。若い...

続きを読む...

【試乗】ニュルで鍛えた効果はある? 新型トヨタ・クラウンを公道で走らせる

3.5リッターHVの気持ち良い加速はやみつきになる!  6月26日に発売開始されてから1カ月の時点で、月販目標の約7倍にあたる3万台を受注しているという15代目新型クラウン。法人需要の買い替えなどがあったにしても、その高...

続きを読む...

最高級車対決! トヨタ新型センチュリーとレクサスLSは買いなのはどっち?

新型センチュリーには先代のような「独自性」がない  先代センチュリーは1997年の発売だから設計は古かったが、エンジンは国産乗用車で唯一のV型12気筒5リッターを搭載した。生産台数は20年で約1万台だから、量産効果も乏し...

続きを読む...

日本の高級車の歴史はトヨタ・クラウンの歴史! 歴代14モデルを振り返る

代名詞といえる王冠マークは2代目から与えられた  外国車のノックダウン生産ではなく、オールトヨタ、いやオールジャパンで製作された日本初の純国産高級車、それが初代トヨペット・クラウンだった。当時、自動車大国と言えばダントツ.…

続きを読む...

「守るべき伝統と打ち破る伝統」新型トヨタ・クラウン開発陣が込めた想いとは

伝統を守りながらも伝統を打ち破らなければならない  トヨタの創業者である豊田喜一郎氏の「日本人の頭と腕だけで、国産車を作る」という熱い想いを原点に、1955年に初代が誕生したトヨタ・クラウン。その後も時代ごとの先進技術を...

続きを読む...

新型カローラ・アクシオ&フィールダーは3ナンバーか? カローラ・スポーツへの改名が布石か

新型カローラ乗り替え見込み客の多くは3ナンバーに抵抗がある  6月26日にトヨタは新型クラウンのフルモデルチェンジの発表と、新規投入車種“カローラ・スポーツ”を発売した。  トヨタのウエブサイトの個別車種紹介ページには、...

続きを読む...

世界に出しても通用するデザインを! 新型トヨタ・クラウンのデザイナーがこだわったポイントとは

クラウンは社内でも特別な存在で手間や苦労を惜しむ者はいない  歴史を守ること。そして歴史を変えること。そんな矛盾するふたつの要素を両立させる。15代目となる新型クラウンのデザイン開発は、その高いハードルに挑んだプロジェク...

続きを読む...

世界が驚く高級サルーンを! 新型トヨタ・クラウンに与えられたメカニズムとは

ニッポンの高級サルーンがもう一度世界を驚かす  クラウンは、日本で生まれ60年以上にわたって育てられてきた。15代目ではより日本車にふさわしいユーザビリティと、ドイツの高級セダンをも凌駕する走行性能が与えられ、理想のセダ...

続きを読む...

1 / 3512345...102030...最後 »