「トヨタ/レクサス」の記事一覧

【ムービー】日本導入はいつ? トヨタ新型カローラツーリングスポーツの開発キーマンにインタビュー

日本の道路環境に合わせて鋭意開発中!?  フランス・パリモーターショーで発表された新世代カローラの第2弾、ワゴンボディの「カローラツーリングスポーツ」。ハッチバックのカローラスポーツがもつスタイリッシュさを受け継ぎ、ホイ...

続きを読む...

ついに真打ちが登場!? フランス・パリモーターショーでカローラセダンのシルエットを発見!

これが新型アクシオになるのか!?  先にお伝えしたように、パリサロン2018のトヨタブースにはカローラツーリングスポーツが展示され話題を集めた。展示ステージの大型ビジョンにはカローラのイメージムービーが放映されたのだが、...

続きを読む...

質感をグッと高めたレクサスRCマイナーチェンジモデルがフランス・パリサロンに登場

運動性能もアップして走る楽しさを際立たせた  パリサロン2018のレクサスブースではマイナーチェンジしたRCが公開された。エクステリアはこれまでのスポーティクーペのイメージはそのままに、各部のデザインをリファインすること...

続きを読む...

現地速報! フランス・パリサロンでワゴンボディのカローラツーリングスポーツをワールドプレミア

先代のカローラフィールダーよりも大型化!  トヨタはパリサロン2018にて、カローラツーリングスポーツをワールドプレミアした。車名のとおり先日フルモデルチェンジしたカローラスポーツをベースにしたワゴンモデルで、欧州ではオ...

続きを読む...

限定カラーでオシャレ度アップしたトヨタ・アクア クロスオーバーの特別仕様車「グラム」登場

安全装備もプラスして魅力をさらに高めている  トヨタは、アクアに特別仕様車Crossover Glam(グラム)を設定し、販売を開始した。  SUVテイストを与えられた「Crossover」をベースに、専用シート表皮やシ...

続きを読む...

新型トヨタ・センチュリーのキーマンが語る3代目開発のこだわりとは

すべては後席のVIPのおもてなしのために  1967年、トヨタグループの創始者である豊田佐吉氏の生誕100年を記念して発売されたトヨタ・センチュリー。以来およそ半世紀に亘って、皇室や大企業のトップなど、各界のエグゼクティ...

続きを読む...

多数のVIPをもてなしてきたトヨタ・センチュリーにまつわるトリビア12選

滅多に見られない日本で特別なあのクルマのことも!  日本を代表する高級車についての薀蓄と、雑学稀代の高級サルーンとして長い歴史を刻んできたクルマとあって話題には事欠かない。それらはセンチュリーというクルマをより深く理解す…

続きを読む...

見た目だけでなく走りも磨きをかけた! トヨタ・カムリWSはひと皮剥けた本格スポーティモデル

オーディオのサウンドにもこだわった 2017年7月にフルモデルチェンジを行ったトヨタ・カムリ。プラットフォームやパワートレインなども全面刷新されている。そのカムリに、スポーティなフロントマスクの新グレード「WS」が追加さ...

続きを読む...

【試乗】レクサスUXに速攻試乗! 新たな価値観を創造したマルチに活躍しそうな1台

小さなNX&RXではないオリジナリティをもつ  1989年にトヨタのプレミアムブランドとして発足した「レクサス」。日本では2005年から展開をスタート。当初は苦戦を強いられたが、ハード/ソフトの充実に合わせて認知...

続きを読む...

生産性向上よりも徹底して高品質を追求したトヨタ・新型センチュリーのデザインへのこだわりとは

最高峰の名にふさわしい至高のデザインを  初代の誕生からおよそ半世紀に亘り、後席のVIPが快適にくつろげることを最優先とし、そのための乗り心地のよさや静粛性を追求してきたセンチュリー。その思想は決してブレることなく、歴史...

続きを読む...

日本の匠の技を結集! トヨタ・センチュリーに採用したメカニズムをチェック

快適にくつろげることを最優先した最上級の乗り心地  目指したのはまさに至高のサルーンであり、究極の心地よさである。とくに車両の基本となるボディ骨格は、極めて静粛で乗り心地がよく、万一のアクシデントにおける保護性能も、現代…

続きを読む...

伝統を守りつつ最新技術を採用! 滅多に見られないトヨタ・センチュリーの内外装に迫る

伝統と品格を表す唯一無二のスタイリング  21年ぶりのモデルチェンジで3代目となったセンチュリー。印象的な形状のヘッドライトとロングボディにより、ひと目でセンチュリーとわかる堂々たるフォルムからは、いわゆる高級感というよ...

続きを読む...

15代目もオヤジのハートを鷲掴み! 歴代クラウンがオジサンたちを夢中にさせる理由とは

時代時代のオヤジに合わせたクルマ作りをしている  以前、取材のために「クジラ」の愛称で親しまれる4代目クラウン(発売は1971年)を試乗した際、激しい自己嫌悪に陥った。「俺はこの時代の男に負けている」と痛切に感じたからだ...

続きを読む...

ブルーのアクセントがスタイリッシュな特別仕様車「トヨタ・ハリアー スタイル・ブルーイッシュ」が登場

エクステリアはブラックを基調にしたアイテムを装備  トヨタのラグジュアリーSUVであるハリアーに、ブルーのアクセントを用いたインテリが特徴的な特別仕様車「Style BLUEISH(スタイル・ブルーイッシュ)」を設定して...

続きを読む...

1 / 3612345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    日本のマンガで有名となった1台も今は高値安定 中古車の価格というものは...

  6. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  7. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  10. 庶民でもイケる200万円以下で購入可能な本格中古スポーツカーの世界

    庶民でもイケる200万円以下で購入可能な本格中古スポーツカーの世界

    思いっきり走りを楽しみたいならこれだ! 軽自動車でも200万円クラスが...