「スバル」の記事一覧

時代を先取りしすぎて鳴かず飛ばず! 今なら売れそうな国産車9選

新たな趣向を凝らしたデザインが多数存在していた  早すぎた天才や芸術家など、どんなジャンルにも時代や流行を先取りしすぎた存在というのはある。クルマでも同様で、時代やユーザーの意識&好みが付いてこなかった例について見てみる…

続きを読む...

事故をゼロにしてくれる神装備じゃない! 運転者が認識すべき「自動ブレーキ」が作動しないケースとは

メーカーが採用するシステムによって作動条件も異なる  2020年から新車に標準装着することが義務づけられている衝突被害軽減ブレーキ。俗に「自動ブレーキ」と呼ばれていたこともあり、いざというときは自動的にブレーキが働き衝突...

続きを読む...

なぜ他メーカーは作らない? スバルとポルシェ以外に水平対向エンジンがないワケ

過去にはトヨタや輸入車も搭載していたが……  向かい合ったピストンの動きから「ボクサーエンジン」とも呼ばれる水平対向エンジンは、いまやポルシェとSUBARUくらいしか採用していない。シリンダーが寝ていることから、レーシン...

続きを読む...

ターボ全盛時の日陰の存在! サッパリ売れなかったが走りが凄かったスバルのNAスポーツ車3選

ターボ車の影に隠れてしまったNA搭載のスポーツグレード  90年代~2010年ぐらいまで、スバルはターボ車がよく売れた。初代レガシィ/初代インプレッサの時代から4代目レガシィが売られていた頃までは「売れ筋は上級グレード」...

続きを読む...

偉大な初代のおかげでいまではド定番装備! 発表当初にクルマ好きが衝撃を受けた装備7選

当時の最先端装備はクルマ好きからも注目の的となった  クルマというのはどんどん進化しているわけで、装備も新しいものが出て、普及したり定着したり、はたまた消えてしまったりを繰り返している。地味なものもあれば、大いに話題にな…

続きを読む...

スポーツモデルとは限らない! 国産各メーカーもっともハイパワーな現行車9選

全メーカーのなかでのトップは600馬力を達成  以前は自主規制によって280馬力がマックスとなっていた国産車の馬力だが、2004年6月30日にその自主規制が撤廃になってからは280馬力を超えるモデルが数多く誕生してきた。...

続きを読む...

86&BRZは7年! GT-Rは12年! 毎年改良し続ける国産スポーツカーを中古で買うならどの年式が正解?

最新型が最良なのはわかっているが……  スポーツカー受難の今の時代において、コツコツと進化を続けながら販売が続けられているトヨタ86/スバルBRZと日産GT-R。デビューから86/BRZで7年、GT-Rに至っては間もなく...

続きを読む...

乗用車も真っ青の使い勝手と安全性! 「ミラクルオープンドア」も採用した新型スバル・シフォンが登場

機能を向上した新スマートアシストを全車に標準装備  SUBARUは2019年7月16日(火)、ダイハツ工業からのOEM供給車である新型「シフォン」を発表。2019年7月25日(木)から発売を開始する。  新型シフォンは日...

続きを読む...

時代の流れかハデさはないが秀作ぞろい! 平成15年生まれのクルマ6選

先代モデルのネガを潰した秀逸作が多数誕生  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災とい...

続きを読む...

ドライブを臨場感たっぷりの「音」で盛り上げる! ニッポンレンタカーがソニックプラスを搭載したスバル車を貸し出し

2019年10月14日までの期間限定!  ソニックデザインは、ニッポンレンタカー北海道と提携し、車種別スピーカーパッケージ「SonicPLUS(ソニックプラス)」を搭載したスバル車をレンタルできる期間限定企画を実施してい...

続きを読む...

あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも  ハイブリッドカーに乗って、その燃費の良さに驚くことがあるのと同時に、「これでハイブリッド!?」と思える、あまり燃費が伸びないハイブリッドカーもある。  ハイブリ...

続きを読む...

新車で買うと悲しくなる! 値落ち激しく極上中古が激安で手に入る現行国産車4選

クルマとしてはいいのに人気薄だから狙い目!  自動車の価値はどうしても目減りしていくもの。そのため、当然ながら乗れば乗るだけ、所有すれば所有するだけ価格は下がってしまう。しかし、その下がり幅は車種によってまちまちで、人気…

続きを読む...

性能と引き替えに失ったものも! あえて中古で先代モデルを選びたくなる国産車9選

性能では確実に進化しているが感性の部分では……  基本、進化というのは素敵なことだ。機能はよくなるし、便利にもなるなど、そこは否定しないし、クルマの場合も進化してこその存在意義というのはある。とはいえ、前のモデルに付いて...

続きを読む...

売れてないからダメ……は早計! 日の目を見ないけど「いいクルマ」4選

ランキング下位でも良いクルマは存在  2019年4月までの乗用車販売台数のランキングを見ていると、日産ノート、トヨタ・プリウス、トヨタ・アクアの3強は相変わらずで、日産セレナ、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・カローラ、トヨタ・...

続きを読む...

スバル・フォレスターが一部改良を実施 新色追加と荷物の置き忘れを知らせる新機能を搭載

ボディカラーに新色を追加しフォレスターの魅力を引き出した  SUBARU(スバル)は6月10日、SUV「フォレスター」の一部改良モデルを発表した。7月18日(木)から発売開始する。月間販売計画は2600台。価格(税込み)...

続きを読む...

1 / 2612345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

Узнайте про нужный веб портал с информацией про купить диплом высшее образование ry-diplomer.com
topobzor.info

etalon.com.ua