「日産」の記事一覧

セレナやノートが登場! 新生ブランドの「AUTECH」は何を目指すのか

スポーツイメージなら「NISMO」、では「AUTECH」は……  スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗した野口聡一さん、「エンデバー号」に搭乗した土井隆雄さんというふたりの宇宙飛行士をはじめ、数々の名曲を持つ加山雄...

続きを読む...

電気自動車とは思えぬ進化! スポーツカー顔負けの走りをする日産リーフニスモに乗った

エコな電気自動車もニスモが手がければスポーツカーに変身!  ニスモのロードカーシリーズの第7弾として日産リーフニスモが7月19日に発売された。レーシングテクノロジーが注ぎ込まれたリーフニスモは、電気自動車とは思えぬスポー...

続きを読む...

半自動運転を謳う日産プロパイロットは本当に使える装備か?

改善希望点はあるものの疲労軽減は間違いない  今や、上級クラスの新型車には装着されていて当たり前になりつつある、追従機能付きACCやステアリング制御など先進の運転支援技術。全車速で追従機能が使えるクルマでは、もはや出発か...

続きを読む...

男の休日「バスフィッシング」に日産エクストレイルが最適なワケ

遊びに全力を注ぐ男を助けるタフな相棒  休日を全力で遊ぶのが大人の男の嗜みであり、「疲れた」というエクスキューズは愚の骨頂だ。遊びこそが明日への活力を生み、脳を活性化させる唯一の方法なのである。  そこで、遊びの相棒に選.…

続きを読む...

【試乗】行楽地帰りでも疲れ知らず! 高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」を日産エクストレイルで試す

とくにノロノロと動くような渋滞での疲労度が変わってくる!  日産セレナに初搭載され、エクストレイルやリーフにも搭載されている高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」。高速道路での渋滞時や長時間の巡航走行でドライバ.…

続きを読む...

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

人気は確かだがNO.1獲得のための自社登録やフリート販売も目立つ  7月5日に自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)がそれぞれ、6月単月の通称名別販売台数とともに2018暦年締めでの上半期...

続きを読む...

常時300台以上展示! ファン垂涎の名車がズラリ並ぶ日産ヘリテージコレクションが熱い

日産ファンにはたまらない名車たちがズラリ! 神奈川県座間市にある、日産ファンのみならずクルマ好き垂涎の施設が「日産ヘリテージコレクション」だ。これまで日産が生み出してきた市販モデルからレーシングカーなど、常時300台以上...

続きを読む...

航続距離を伸ばして「EVの一般化」を目指した新型リーフは成功したのか

5月の販売台数ではアクセラやシビックを上まわっている 中国では国策的に普及が促進されている電気自動車。北米ではテスラが新興ブランドらしからぬ高いブランド力を手に入れています。欧州、とくにドイツでも電動化の流れは勢いを増す.…

続きを読む...

世界で最も売れている量販EV! 国内累計10万台を突破した日産リーフの特別仕様車が登場

プロパイロットなど安全装備を標準化!  日産自動車は、電気自動車リーフの国内累計販売が10万台突破したことを記念し、特別仕様車「X 10万台記念車」の販売を開始した。  日産リーフは2010年12月に、持続可能なゼロ・エ...

続きを読む...

レーザーレーダーからカメラに変更! 安全性を高めた日産デイズ/デイズルークスが登場

新色のボディカラーも採用してさらに魅力アップ  日産自動車は、ダイナミックなエクステリアや駐車時も安心なアラウンドビューモニターなどを備えた「日産デイズ」と、広さと使い勝手の良さが定評のスーパーハイトワゴンの「日産デイズ…

続きを読む...

日産ジュークが自動でハイ・ローを切り替えるヘッドライトを搭載

夜間走行の安全かつ快適性を向上  日産は5月11日に「ジューク」を一部仕様向上し、発売した。  ジュークは、個性的なデザインが特徴のコンパクトSUV。ボディカラー、エクステリアパーツカラー、インテリアパーツカラーを自由に...

続きを読む...

1 / 2212345...1020...最後 »