「マツダ」の記事一覧

マツダ・デミオのガソリンエンジンが排気量アップで実用性を向上! さらにおしゃれな特別仕様車も登場

おしゃれなインテリアの特別仕様車の第6弾はマルーンカラー  マツダは、コンパクトハッチバックのデミオに搭載するガソリンエンジンの排気量をアップさせ、ゆとりある走りと燃費向上を図った。さらに、上質でシックな特別仕様車「Mi...

続きを読む...

【ムービー】ますます魅力的になったマツダ・ロードスターの開発キーマン2人にインタビュー

乗るとわかるエンジンを改良したことのすごさ マツダ・ロードスターの改良モデルが6月に登場した。ソフトトップモデルは、限定車としてキャラメルトップを採用し、ATのシフトタイミングなどを見直した。リトラクタブルハードトップを...

続きを読む...

【ムービー】キャラメルトップでオシャレ度アップ! マツダ・ロードスターの改良モデルに試乗

よりロードスターらしさが増した!  先日、改良が施されたマツダ・ロードスター。今回の改良点で注目するべき箇所は2つ。まず特別仕様車として、ブラウンの幌を採用したキャラメルトップを設定。よりスタイリッシュでお洒落さがアップ...

続きを読む...

【ムービー】レッドゾーンまで一気に吹き上がる! 人馬一体感が高まったマツダ・ロードスターRF

いつも全開にしたくなるほど気持ちいいエンジンレスポンスを披露 リトラクタブルハードトップを採用するマツダ・ロードスターRFが大幅改良を行った。より人馬一体感を出すため、ピストンやクランクシャフトといったエンジン部品の軽量...

続きを読む...

【試乗】エンジンレスポンスが向上してさらに人馬一体感を強めたマツダ・ロードスターに乗った!

商品改良でさらにロードスターらしさを表現  マツダ・ロードスターとそのメタルトップ仕様であるRFが、商品改良を受け2019年モデルとして世界に先がけ進化した。今ある技術を次のモデルまで出し惜しみせず、現行モデルにもどんど...

続きを読む...

【試乗】大幅改良を行ったマツダ・アテンザは「走る歓び」を再定義した1台

他メーカーの高級車と比較しても遜色ない静粛性を与えられた  マツダのフラッグシップとして存在感を高めているアテンザ。じつは個人的にも最も手に入れたい「セダン」の筆頭候補としていつも注目している。その理由はいくつかあるが、…

続きを読む...

発売から30年経った今でも「初代ロードスター」が愛され続ける理由とは

その後4世代が登場するも初代は別格の愛され方  2016年に累計生産台数100万台突破して、ギネスブックにも「世界でもっとも多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」と認定されているマツダのロードスター。その100...

続きを読む...

最上級モデルに待望の7人乗り仕様が登場! マツダCX-8が全モデルにベンチシートモデルを設定

ベンチシートも上質なナッパレザーを採用!  マツダは、3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の最上級グレード「XD L Package」に、7人乗りの本革シート仕様を追加。6月14日より全国のマツダの販売店を通じて発...

続きを読む...

【ムービー】人間中心に大幅改良したポイントとは? マツダ・アテンザの主査にインタビュー

あくまでもマイナーチェンジではなく大幅な商品改良  6月21日に発売が予定されている、大幅改良を行ったマツダ・アテンザ。「走る歓び」をユーザーがもっと得られるよう、質感や性能を大幅に向上している。その発売を前にマツダ商品...

続きを読む...

商品改良で人馬一体をさらに磨き上げたマツダ・ロードスターが登場!

エンジン内部にも手を加えて気持ちよさを追求  マツダは長年愛されているコンパクトオープンスポーツカー「ロードスター」と「ロードスターRF」に、新しいガソリンエンジンを搭載。同時に特別仕様車「キャラメル・トップ」をロードス...

続きを読む...

【試乗】新型1.8リッターディーゼルを採用! 質感を大幅に高めたマツダCX-3の実力を試す

上級モデルの最新技術も惜しみなく投入する  マツダはCX-3に大幅改良を加え登場させた。近年のマツダの特徴はモデルチェンジサイクルを待たずに、今ある最新の機能を出し惜しみなく年次改良で取り入れていくというもの。それは生産...

続きを読む...

触ればわかる高級感! マツダアテンザがオーナーを悩ませるほどの大幅改良を実施

微に入り細を穿つ徹底的な質感へのこだわり 「そのときの最新・最良の技術を取り入れる」という思いのもと、つねに最新へのアップデートを続けるマツダ。今回、フラッグシップモデルに位置づけられるアテンザも待望の大幅改良を行なった…

続きを読む...

1 / 1412345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    日本のマンガで有名となった1台も今は高値安定 中古車の価格というものは...

  6. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  7. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  10. 庶民でもイケる200万円以下で購入可能な本格中古スポーツカーの世界

    庶民でもイケる200万円以下で購入可能な本格中古スポーツカーの世界

    思いっきり走りを楽しみたいならこれだ! 軽自動車でも200万円クラスが...