「ダイハツ」の記事一覧

市販車のレプリカカラーも多数出現! WRCで活躍したニッポンの平成名車5選

当時はクルマ好きの誰もが知っていたマシンたち  平成のモータースポーツシーンで印象深いのは、国産車の黄金期とも言えた90年代のWRC。チャンピオンに輝いたトヨタ、三菱、スバルだけでなく、日産、マツダ、スズキ、ダイハツなど...

続きを読む...

登録車が買えないからじゃない! 予算200万円ならあえて選ぶ価値のある軽自動車5選

軽にしか存在しない走りをもったクルマもある  普通車で価格の高いクルマをねらうと、3000万円といった凄い金額になる。5ナンバーサイズの小型車なら、上限価格を下げられるが、それでもトヨタ・エスクァイアハイブリッドなどは3...

続きを読む...

ダイハツ・ムーヴキャンバスがもっとオシャレに! アクセントカラーがポイントの特別仕様車が登場!

黒と白の2つのテーマが選択可能  ダイハツ工業は2019年4月22日、「ムーヴ キャンバス」の「リミテッドシリーズ」に特別仕様車を追加設定して発売した。外装にホワイトとブラックのアクセントを加え、印象的なエクステリアに仕...

続きを読む...

しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静岡~森掛川の約50kmの区間で試行最高速度が120km/hに引き上げられました。110km/hの試行期間を経て、交通事故の発生件数に大きな変化がなかっ...

続きを読む...

なんでこんなに残念な姿に! コンセプトカーの期待度を裏切った市販車4選

コンセプトカー詐欺だと嘆かれるモデルが多数  今年は東京モーターショーイヤーということもあり、今からどんなモデルが展示されるのか楽しみにしている人も多くいることだろう。しかし、コンセプトカーとしては非常にイケていたのに、…

続きを読む...

スポーツモデル=MTの時代は終わった! あえてATを勧めたいクルマとそれでもMTで乗るべきクルマ

現代はATの完成度も高くなっている  ひと昔前は「スポーツカー、スポーツ系のクルマはMTで乗るもので、ATで乗るのは邪道だ」などと言われたものである。では、このことは現代でも同じなのかを考えると「クルマにもよるけどMTで...

続きを読む...

便利でなければクルマじゃない……派必見の収納力抜群の軽&コンパクトカー5選

クルマの中をスッキリ保ちたいなら収納にこだわる  進級進学、引越しや模様替えと、何かある人もない人も、なんだか知らないがやたらとバタバタする春。それに伴う用事やお出かけも増えて、気がついたらクルマのなかまでゴッチャゴチャ…

続きを読む...

クルマの売れないこのご時世でも値引きはしない! 強気の販売で「買い得感」の少ない国産車5選

市場の冷え込みで値引きの大きい車種が多いなか強気のクルマも  今の日本車メーカーは、国内市場よりも海外を重視する。各地域の販売比率も、ダイハツを除くと国内市場は20%以下だ。世界生産台数の80%以上を海外で売る。  そう...

続きを読む...

本格的な不景気を予感しつつも名&迷車は生まれる! 平成5年誕生のインパクト大な国産車4選

今年復活を遂げるトヨタの名車の2代目もデビュー  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気など、激動の時代...

続きを読む...

消えた名車! 生まれる時代さえ間違えなければヒットしたハズの絶版軽自動車4選

軽自動車で初めてハンズフリー通話システムを採用したモデルも  軽自動車が普通車よりも明らかに劣っていたのは昔の話で、今や軽自動車ながらコンパクトカーをしのぐ装備を誇るクルマも少なくない。そのため、あえて軽自動車を選びダウ…

続きを読む...

軽が高額でどうする! ノンターボで安くても不満少なめの軽自動車4選

軽が高騰するなかまだリーズナブルなモデルはある!  軽自動車が庶民の安い足代わりグルマ……という時代は終わりつつある。性能の進化もさることながら、先進安全支援機能の装備などもあって価格は高騰。たとえば、日本でイチバン売れ...

続きを読む...

燃費なんて関係なし! 強烈な加速を求めた国産名ターボエンジン5機とその搭載車15選

規制値を守りつつもじつは600馬力を想定して作られたものも!  最近はダウンサイジングターボが主流となっており、排気量自体は小さくし、ターボの過給でトルクを稼ぐという車両が輸入車を中心に増えつつある。しかし、やはりターボ...

続きを読む...

パワーユニットもレストアして完全復活したダイハツP-5のキーマンにインタビュー【大阪オートメッセ2019】

きちんと走れる状態にまで完全レストア!  インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースには、同社社員で構成される「ダイハツ技術会」が、当時の開発エンジニアへのヒアリングなどを経て約3...

続きを読む...

男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選

ヌイグルミと自動車の合体という斬新すぎるコンセプトも  きゃわゆいカー。あるいはぬいぐるみカーとも呼ぶべき分野が存在することは、皆さんご存じのことだろう。女性向けに開発された超フェミニン&ラブリーなクルマたちのこ...

続きを読む...

お金のない若者がこぞって腕を磨いた! かつて走り屋たちに愛されたFF国産スポーツ車13選

いまなら50万円以下でゲットできる名車も!  最近ではシビックタイプR(FK8)のように、FFでもターボで320馬力、ボディも大きいなんてスポーツモデルもあるが、かつてのFFスポーツといえば、コンパクトモデルが中心で、若...

続きを読む...

1 / 912345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も 最近、駐車場で「ほか...

  2. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  3. 違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    周囲への意思表示が重要となる ショッピングモールの駐車場やコインパーキ...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    緊急回避に役立つテクも教えるべき ほとんどの人が免許を取ったときにお世...

  6. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  7. 【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    道路交通法では停止線の直前で停まるとなっている 交差点などに引かれてい...

  8. 【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない 右折レーンの手前でよく見かけ...

  9. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  10. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

best-cooler.reviews/best-backpack-cooler-reviews/

http://best-cooler.reviews/best-soft-sided-cooler-guide/

Увлажняющие кремы