「輸入車」の記事一覧

人気のアウディA4が仕様変更でスポーティに変身! さらに特別仕様車も250台限定で登場

人気装備を標準化した特別仕様車にも注目だ  アウディ ジャパンは、ミドルクラスセダン&ワゴンのA4ならびにS4の装備と価格を一部見直して発売した。現行モデルは2016年に発売した第5世代。進化したモジュラープラットフォー...

続きを読む...

100km/hまで5.1秒! 新型ターボエンジンを搭載したポルシェ・マカンSの予約受注がスタート

最新のインフォテイメントシステムも搭載  ポルシェジャパンは、よりパワフルなエンジンを搭載した新型マカンSの予約受注を開始した。859万円(税込み)。  新たに搭載される3リッターV6ターボガソリンエンジンは、先代モデル...

続きを読む...

VWのコンパクトSUV「ティグアン」が仕様変更で装備充実&安全性を向上

エントリーグレードでも渋滞追従支援が標準装備に!  フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、コンパクトSUV「ティグアン」の装備を見直すなど一部改良を施して発売した。  エントリーグレードとなるガソリン仕様の「TSIコ...

続きを読む...

BMWの新車プレオーダーシステムが本格化! その第1弾として新型BMW i3がスタート

多くの新車の先行予約が今後オンラインで可能になる予定  ビー・エム・ダブリューは、昨年11月にスタートしている新プロジェクト「BMWプレ・オーダー」。日本で発売予定の新型BMW X7の先行予約をオンラインで行えるというも...

続きを読む...

カルロス・ゴーン問題で注目されるのは日産ばかり!  三菱とルノーは果たしてどうなる?

ルノー・日産・三菱自の三社は電動化技術のトップランナー  日産自動車のカルロス・ゴーン前会長をめぐる事案は、いくつもの案件とあまたの思惑が指摘されるものであり、互いの主張も真っ向としている。現時点ではその内容を理解するこ…

続きを読む...

販売台数でルノーを上まわる日産! それでも提携を続ける意味とは?

アライアンスにカルロス・ゴーンという個人は関係ない  本稿執筆時点で、日産前CEO、カルロス・ゴーン容疑者は東京拘置所に拘留されており、一連の事案について、未だに解明されていない。こうした状況で、日産の今後を考察するのは...

続きを読む...

ハイパフォーマンスブランド「AMR」を披露! アストンマーティンが初出展【東京オートサロン2019】

サブブランド「AMR」の世界観を表現したブースに  イギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーティンが、東京オートサロン2019に初出展した。展示したのはヴァンテージと、よりスポーティさを高めたDB11 AMR...

続きを読む...

ドイツの名門ポルシェがディーゼルからの撤退を表明したワケ

あまりに厳しいCO2排出量の規制が電動化に拍車をかける  昨年ポルシェがディーゼルからの撤退を表明した。そして2019年は欧州で、2020年には日本国内でも電気自動車(EV)タイカンが市販される予定だ。  ポルシェのよう...

続きを読む...

【試乗】操る楽しさをとことん味わうならMT! フィアット・パンダ&アバルト124スパイダーに乗った!

リズムよくシフト操作して気持ちよく走ることができる!  今では搭載車種が少なくなってきたマニュアル車。オートマチックのほうが効率的なのはわかるが、それでは味わうことのできない、クルマとの一体感を楽しむことができるのだ。今…

続きを読む...

間もなく日本発売の怪物4座クーペがお目見え! メルセデス・ベンツブース【東京オートサロン2019】

じつに639馬力/900N・mの強烈なエンジンを搭載  2019年1月11日から13日まで千葉県・幕張メッセで行われる東京オートサロン。国産メーカーと同様な規模の大きなブースを構えていたのがメルセデス・ベンツだ。  注目...

続きを読む...

ルノーブースではまもなく導入のメガーヌR.S. MTモデルを先行公開【東京オートサロン2019】

ファン待望のメガーヌR.S. MTモデルは2月発表予定!  2019年1月11日に開幕した、東日本最大級のカスタマイズカーイベント、東京オートサロン2019。来場したら必ず訪れてほしいのが、西館にあるルノーブースだ。  ...

続きを読む...

【試乗】100台限定のルノー・ルーテシアR.S.! アクラポヴィッチマフラーの感触をサーキットで体感

レースシーンで成功を収めたアクラポビッチのエキゾーストを装着  ホットハッチのコンパクトスポーツとして注目されているルノー・ルーテシアR.S.トロフィーに「アクラポヴィッチ仕様」の限定モデルが追加された。アクラポヴィッチ...

続きを読む...

アルフェロメオ・ジュリエッタにスポーティさ際立つ限定車「ヴェローチェ・カーボン」を設定

グレードを一本化し魅力をさらに高めた  FCAジャパンは、アルファロメオ・ジュリエッタのグレード体系を見直し、ヴェローチェに一本化した。メーカー希望小売価格は399万円。また、限定車「Veloce Carbon(ヴェロー...

続きを読む...

1 / 8012345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

    【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

    登場間もないダイハツのブーンとキャストで徹底比較 「軽自動車とリッター...

  4. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  5. 【逆効果になることも】新車ディーラーでのNGな値引き交渉5選!

    【逆効果になることも】新車ディーラーでのNGな値引き交渉5選!

    間違えた交渉では雰囲気も悪くなるし値引きも期待できない 昔からよく値引...

  6. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  7. 軽自動車にハイオク仕様がない理由とは

    軽自動車にハイオク仕様がない理由とは

    軽に求められるコスト要件と64馬力規制からハイオクを選ぶ意味が少ない ...

  8. 【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    細かい所に水が入り込みサビの原因になることがある クルマ好きが、街のあ...

  9. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  10. N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

    N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

    2018暦年でのブランド別トップはダイハツ 1月10日に全軽自協(全国...

https://steroid-pharm.com

danabol-in.com/injection/primobolan/primobol_bratish_dragon

Primover