「イベント」の記事一覧 - 4ページ目

VWのEVが予選タイムで過去最高記録を10秒も更新!【PPIHC2018】

決勝タイムも過去最高を記録する可能性大  毎年、アメリカの独立記念日前の週末に開催となるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)。標高4302mのパイクスピークに駆け上がり、だれが一番速いかを競...

続きを読む...

日本勢の活躍に期待! 96回目のパイクスピークがついにスタート【PPIHC2018】

今年もパイクスピークならではの多種多様なマシンが集結  現地時間6月24日(日)に決勝日を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」のレースウイークがスタートした。パイクスピーク...

続きを読む...

トヨタがついにル・マン24時間レースを制覇! 「勝って当然」ではない価値ある勝利

日本人ドライバー2人が乗り1-2フィニッシュ  ル・マン24時間レースにトヨタがTS050ハイブリッドでワンツー・フィニッシュを決めた。ここ2年、優勝直前で無念の涙をのんだトヨタ。今年はLMP1クラスにポルシェ、アウディ...

続きを読む...

来場者は1万5000人! ドリキン土屋圭市がエルサルバドルでドリフトを披露しファンを魅了

AE86とチェイサーでドリフトを披露! この春、面白い海外イベントに行ってきた。トヨタクラブ・エルサルバドル(Toyota Club SV)の10周年記念イベントに招待されて、遠路はるばる中央アメリカに飛んできた。はるば...

続きを読む...

青木拓磨、2020年のル・マン24時間に出場決定! VdeV選手権でLMP3クラス表彰台も獲得

初参戦のレースで早くも表彰台を獲得し期待が高まる!  まもなく第86回ル・マン24時間レースの決勝(6月16〜17日)が行われるが、このル・マンへの挑戦を長年夢見てきた青木拓磨のプロジェクトがついに始動した。  ここ数年...

続きを読む...

今年こそ悲願の優勝を! トヨタはル・マン24時間レース制覇に向けて盤石の体制で挑む!

確実に24時間を走り切るためマシンはもちろんチーム力も大幅向上  F1のモナコGP、アメリカのインディ500と並んで世界三大レースと言われている、ル・マン24時間レース。今年は6月16日〜17日に渡って開催される。最高峰...

続きを読む...

クルマ社会の未来が見えた! 7つの最先端技術に注目【人とくるまのテクノロジー展2018横浜】

主役は自動運転や運転支援システム! 新しいクルマの姿が見えた  今年も公益社団法人・自動車技術会の主催による展示会「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」がパシフィコ横浜を会場に開催されました。出展社数は過去最多の59...

続きを読む...

インディ500、佐藤琢磨は連覇ならず! ウィル・パワーが初優勝

佐藤琢磨、引退レースのダニカ・パトリックはリタイヤ  レース中の最高気温が32度に達した熱戦を制したのはペンスキーのウィル・パワーだった。  今季からマシンが一新されたインディカー。当然、このパッケージでインディアナポリ...

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その45

3連覇も期待できる好調ぶりだったがまさかの展開に……  空のF1と呼ばれる「レッドブル・エアレース」。日本では千葉・幕張海浜公園で開催されるようになってからは今年で4年目を迎えます。日本人で唯一、この大会に参戦しているの...

続きを読む...

「楽しみながらレースをやる」ラリーチャンプが2年ぶりの復活参戦【PPIHC2018】

奴田原文雄選手がパイクスピークに帰ってくる  6月24日に決勝日を迎えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)は、アメリカ・コロラド州パイクスピークという山にあるパイクスピーク・ハイウェイを舞...

続きを読む...

中国人は「L」が好き? 大型車じゃダメで小型車のロングWB車が必要な事情とは

EVに続き日本メーカーは「L」化でも遅れをとっている印象  今回の北京モーターショーにおいて、メルセデス・ベンツは予告通りにメルセデス・ベンツAクラスセダンをワールドプレミアさせた。さっそくメルセデス・ベンツブースへ行き...

続きを読む...

「スポーツカーにモデルチェンジは不要」86とロードスターの開発責任者の本音

FRスポーツを開発したトヨタとマツダのエンジニアがトークショー  ゴールデンウィーク中(5月3日、4日、5日)に広島県で、ひろしまフラワーフェスティバルというイベントが開催された。その初日のイベントとして、平和大通り(1...

続きを読む...

莫大な費用を投じてまで自動車メーカーがモータースポーツに参戦する理由とは

モータースポーツ車両と量産車は別モノと言われるが……  日本車が産声を上げた時代は、クルマ作りは「トライ&エラー」によって技術や経験、ノウハウを構築していったと言う。それを実証するにはどうしたらいいのか? ライバルと競い...

続きを読む...

バイクショップオーナーが見つめ続けるパイクスの山々【PPIHC2018】

名だたるバイクイベントを制した先にあるもの  アメリカ・コロラド州、パイクスピーク・ハイウェイを舞台に、現地時間の6月24日(日)に決勝を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)...

続きを読む...

プレスライダー上がりの全日本選手が臨むアメリカで一番過酷な山登り【PPIHC2018】

サポートメンバーとして参戦してからパイクスピークに魅せられた  アメリカ・コロラド州、パイクスピーク・ハイウェイを舞台に、現地時間の6月24日(日)に決勝を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 栃木県警の日産GT-Rも真っ青! 絶対に逃げられない世界の俊足パトカー4選

    栃木県警の日産GT-Rも真っ青! 絶対に逃げられない世界の俊足パトカー4選

    最高速度325km/hというスペックを持つクルマも 先日、栃木県警に日...

  2. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  3. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  4. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  5. 見かけたら覆面の確率が高いクラウン以外のクルマ3選

    見かけたら覆面の確率が高いクラウン以外のクルマ3選

    一般車での売れ行きはあまりに少ないスズキ・キザシは鉄板だが…… もはや...

  6. クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    昔のクルマでは重要だったが今では必要ないテクニックもある クルマやタイ...

  7. これがニッポンの技術力! 世界を驚愕させた日本のクルマ3選

    これがニッポンの技術力! 世界を驚愕させた日本のクルマ3選

    自動車の歴史が浅い日本でも世界で評価されるクルマはある! 日本車の歴史...

  8. こんなもの付いてた? クルマでほとんど使われない寂しいスイッチ5選

    こんなもの付いてた? クルマでほとんど使われない寂しいスイッチ5選

    季節によって重宝する人も 長年乗りつづけている愛車でも、一度も使ったこ...

  9. 【今さら聞けない】カックンブレーキの原因とは?

    【今さら聞けない】カックンブレーキの原因とは?

    操作が原因の場合とシステム特性が原因の場合がある 信号が赤だ、となると...

  10. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...