「イベント」の記事一覧 - 10ページ目

自動車メーカーがペット好きも納得のカー用品など続々出展!【第8回インターペット】

愛犬家が好む自動車メーカーを紹介! 2011年から毎年開催されている日本最大級のペットイベント「インターペット2018」が東京・東京ビッグサイトで4月1日(日)まで開催されている。自動車メーカーも出展しており、各社ブース...

続きを読む...

ホンダだけじゃない! F1を支える日本の企業たち

データ通信からブレーキまで日本メーカーのロゴは多数見つかる  2018年のF1シーズンが開幕した。テストでは好調だったトロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーがパワーユニット(PU)トラブルでリタイヤ。ブレンドン・ハート...

続きを読む...

日本でも復権を狙う12代カローラ堂々デビュー! 日本では初夏に登場予定

「若い人にも乗ってほしい」の願いを込めてハッチからのお披露目  カローラは1966年に初代モデルが登場、以降、50年以上にわたり進化を続け、累計4500万台以上を販売したトヨタの「顔」と言ってもいいモデルである。しかし、...

続きを読む...

日本にも2019年導入! 新型トヨタRAV4は2.5Lのガソリンとハイブリッドで展開

4代目は日本導入されなかったが5代目で日本復活!  今や世界的なSUVブーム。なかでも北米では、もはや一過性の流行ではなく、SUVが“乗用車のスタンダード”ともいえる位置づけになっている。その象徴とも言えるのがトヨタRA...

続きを読む...

【現地速報】新型スバル フォレスターがNYで公開! 日本では6〜7月ごろ登場予定

世界でもっとも売れているSUBARU車フォレスターの5代目!  世界でもっとも売れているSUBARU(スバル)車は何か? じつはインプレッサ(IMPREZA)でもアウトバック(OUTBACK)でもなく、フォレスター(FO...

続きを読む...

今シーズンも「にゃんこ大戦争ガールズ」で活動決定! 村上麻莉奈チャンの笑顔にメロメロ

今年もレクサス チーム トムスを全力で応援!!  19歳のときに”女子大生レースクイーン“としてデビューし、さらにアイドルグループでも活躍していた村上麻莉奈チャン。2016年にレースクイーンとして復帰し、今シーズンもレク...

続きを読む...

【2018ドリフトキングダム第2戦】日光戦では、箕輪慎司が開幕からの2連勝達成

ドリキンも絶賛! 見応えある追走のオンパレード  3月最終週の週末となる3月24日〜25日の二日間、日光サーキットを舞台に、「ドリフトキングダム」の第2戦が開催となった。2月の筑波サーキットでのドリフトキングダム開幕戦か...

続きを読む...

【ムービー】スバル・ヴィジヴ・ツアラーコンセプトの開発者を直撃インタビュー

次期レヴォーグではない!? 新世代のワゴンに注目  シューティングブレークのような美しいデザインのスバル・ヴィジヴ・ツアラーコンセプトが2018年3月6日にスイス・ジュネーブショーで世界初披露された。走る楽しさを120%...

続きを読む...

伝説の名車が蘇った! ニュー・ストラトスは7169万3479円というプライスで間もなく納車開始

フェラーリF430をベースに往年のボディラインを再現 スーパーカーというよりはラリーカーとして知られるランチア・ストラトスが現代に蘇った。顧客からの依頼を受けてカスタム・チューンを行うカスタムビルダーの「マニファットゥー...

続きを読む...

ジュネーブショーでAMG GT 4ドアクーペ版が登場! Aクラスも4代目へとフルモデルチェンジ

日本でも人気の高いモデルの新型が続々と登場! メルセデス・ベンツはスイス・ジュネーブショーでCクラス、Aクラス、Gクラス、そして、「AMG GTクーペ」を発表した。AMG初の本格4ドアスポーツモデルで、あのAMG GTの...

続きを読む...

スバル車だからできる! リフト代わりにスキーヤーを送迎するゲレタクを運転体験

単なる雪道じゃない過酷な半アイス路面だった!  今年で5年目を迎えたスバル・ゲレンデタクシー。今シーズンラストとなる新潟県・苗場スキー場で、イベント開始直前にコースの下見を兼ねながらのハンドルを握らせていただいた。この走.…

続きを読む...

アルピーヌA110のレーシングモデルを発表! 市販モデルには2台のモデルを設定

走りを極めた「ピュア」は走りが楽しみ! 日本でも2018年中に導入が予定されているアルピーヌ。スイス・ジュネーブショーでA110に「ピュア」「レジェンド」と名付けられた2台と、レーシングモデルを発表した。 「ピュア」は一...

続きを読む...

電気自動車でもスーパーカー並の動力! ポルシェ「ミッションEクロスツーリスモ」を初公開

より現実味を帯びたクロスオーバータイプのスタイルで登場  ポルシェはスイス・ジュネーブモーターショーで「ミッションEクロスツーリスモ」と「911 GT3 RS」を発表。未来と現在を象徴する2台の高性能モデルを披露した。 ...

続きを読む...

ロードスターにも流用可能!? アバルト124GTにハードトップを装着したクールなモデルが登場!

残念ながら日本への導入は今のところ予定なし  多くのメーカーが新型モデルを発表しているスイス・ジュネーブモーターショーが2018年3月6日から行われている。マツダ・ロードスターがベースの「アバルト124スパイダー」に、取...

続きを読む...

2.4Lエンジン搭載! 2019年型三菱アウトランダーPHEVの大幅進化っぷりを開発者に直撃

まずは乗ってほしいと開発者は語る! 三菱自動車はアウトランダーPHEVのマイナーチェンジモデルを、スイス・ジュネーブモーターショーで発表した。同社フラッグシップモデルの改良に携わったプロダクトマネージメント部の松井孝夫さ...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...