「海外ショー」の記事一覧

トヨタ・カローラセダンが初公開! 脱オヤジセダンのカッコ良すぎるデザイン【LAショー】

ラゲッジルームを犠牲にしないハイブリッドは使い勝手抜群  今年6月に発売を開始したカローラスポーツ。そのセダンモデルがLAオートショーで発表された。北米向けには1.8リッターハイブリッド、また1.8リッターと新開発の2リ...

続きを読む...

スバルもついにPHVを投入! EVモードの航続距離は約27km【LAショー】

日本国内への導入時期は未定  国内外で人気のクロストレック(日本名:XV)にプラグインハイブリッドモデルが新たに追加された。2リッター水平対向エンジンとリニアトロニックCVT、こちらにスタータージェネレーターとふたつの駆...

続きを読む...

トヨタ・プリウスが大幅変更! やり過ぎスタイルが大人しくインテリアはPHV風に【LAショー】

4WDのシステムにも変更が加えられた  不評の声もあった特徴的なエクステリアデザインから変更し大人しいデザインにリフレッシュ。同時にリヤコンビネーションランプ&リヤバンパーのデザインも変更された。  インテリアも...

続きを読む...

新世代マツダの第1弾! LAオートショーで新型Mazda3(アクセラ)が登場

ハッチバックとセダンで外観の共通点はボンネットのみ!  11月28日に開催されたロサンゼルスオートショーの前夜祭にて、マツダは新型Mazda3(日本名:アクセラ)を発表。現行モデルと同様にセダンとハッチバックがラインアッ...

続きを読む...

ローカルな広州モーターショーにも政府の息が! 人気のハズのドイツ車ブースが閑散としていたワケ

NEV規制を前に地元系ブースへの積極取材指令が出たか  今年の広州ショーモーターショーはどこか雰囲気が違う……、11月16日のプレスデーの朝一番に会場を訪れて筆者は最初に感じた。  そもそも広州モーターショーは、世界が注...

続きを読む...

中国広州モーターショーでの「新エネルギー車」主役化で露わになった日本メーカーの立ち後れ

もともと日系メーカーが強いエリアだがNEV全盛時に危機  11月16日から25日までの日程で、“広州国際汽車展覧会(広州モーターショー)”が開催される。筆者は開催前々日夜に広州入りし、開催前日にショー会場へプレスパスを引...

続きを読む...

ついに真打ちが登場!? フランス・パリモーターショーでカローラセダンのシルエットを発見!

これが新型アクシオになるのか!?  先にお伝えしたように、パリサロン2018のトヨタブースにはカローラツーリングスポーツが展示され話題を集めた。展示ステージの大型ビジョンにはカローラのイメージムービーが放映されたのだが、...

続きを読む...

ベトナム初の自動車メーカー「ビンファースト」がフランス・パリサロンでデビュー!

今後は電気自動車なども手がけグローバルに展開予定  パリサロン2018にブースを出展したビンファースト(VINFAST)という自動車メーカーをご存じだろうか? ベトナムの大手企業ビングループが新たに設立したメーカーで、ベ...

続きを読む...

パリサロンで初披露! スタイリッシュに生まれ変わったメルセデス・ベンツGLEクラス

新開発の足まわりで最上級SUVらしい走りを実現  従来はMクラスと呼ばれ、現行モデルの改良時にGLEと車名を変更したが、その新型モデルがパリショー2018で初公開となった。  ダイナミックさを追求したデザインはスタイリッ...

続きを読む...

質感をグッと高めたレクサスRCマイナーチェンジモデルがフランス・パリサロンに登場

運動性能もアップして走る楽しさを際立たせた  パリサロン2018のレクサスブースではマイナーチェンジしたRCが公開された。エクステリアはこれまでのスポーティクーペのイメージはそのままに、各部のデザインをリファインすること...

続きを読む...

先代よりもグッとスポーティさを増した新型メルセデス・ベンツBクラスがワールドプレミア

Sクラス譲りの最先端安全装備を備える  3代目となる新型Bクラスがパリサロン2018で披露された。新型のコンセプトはスポーツツアラーとされ、よりスポーティなモデルとして生まれ変わっている。  インテリアは大型ワイドスクリ...

続きを読む...

約20年ぶりに復活したBMW8シリーズクーペがフランス・パリサロンに登場

日本への導入も検討されているラグジュアリークーペ  BMWのフラッグシップとなるラグジュアリークーペの8シリーズがパリサロン2018で公開。その美しいスタイルは来場したプレス関係者からも熱い視線を集めていた。  開発者は...

続きを読む...

ノーマルよりも少しだけ刺激を求める人へ! メルセデスAMG A35 4MATIC誕生

AMGの世界観を手軽に味わえるエントリーモデル  AクラスのエントリーAMGとして新しく追加されるのがA35 4MATIC。今後追加されるであろうトップモデルであるA45 4MATICと通常のAクラスの中間に位置づけられ...

続きを読む...

じつに7年ぶりのフルモデルチェンジ! 7世代目BMW 3シリーズついに登場

ボディサイズ拡大で室内空間もより快適に  BMWはCセグメントセダンの世界的ベンチマークである3シリーズをパリサロン2018でワールドプレミアした。7世代目となる新型はおよそ7年ぶりとなるフルモデルチェンジだ。  ボディ...

続きを読む...

現地速報! フランス・パリサロンでワゴンボディのカローラツーリングスポーツをワールドプレミア

先代のカローラフィールダーよりも大型化!  トヨタはパリサロン2018にて、カローラツーリングスポーツをワールドプレミアした。車名のとおり先日フルモデルチェンジしたカローラスポーツをベースにしたワゴンモデルで、欧州ではオ...

続きを読む...

1 / 1212345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  2. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  3. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  4. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  5. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  6. クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    昔のクルマでは重要だったが今では必要ないテクニックもある クルマやタイ...

  7. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  8. これがニッポンの技術力! 世界を驚愕させた日本のクルマ3選

    これがニッポンの技術力! 世界を驚愕させた日本のクルマ3選

    自動車の歴史が浅い日本でも世界で評価されるクルマはある! 日本車の歴史...

  9. 【今さら聞けない】カックンブレーキの原因とは?

    【今さら聞けない】カックンブレーキの原因とは?

    操作が原因の場合とシステム特性が原因の場合がある 信号が赤だ、となると...

  10. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...