よくばりなSUV乗りを唸らせる! ヨコハマ「GEOLANDAR X-AT」のマルチすぎる完成度 (3/3ページ)

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+

オフロード性能からは想像つかない舗装路での静粛性と快適性

 このように厳しいオフロード路面も難なくこなす性能に、「肝心のオンロード性能は大丈夫?」と思いながら舗装路へ向かったが、ここでも再び驚かされた。あのゴツくて大きなブロックパターン採用のタイヤだとは思えない静粛性/快適性を備えていた。

ジオランダー

 厳密に言えばオンロード志向のタイヤよりも若干「シャー」と言った高周波ノイズは若干聞こえるが、オフロードタイヤ特有の「ゴー」と言う低周波ノイズは上手にカットされている。今回試乗したランクル・プラドは2.7リッターのガソリンだったが、これが仮にディーゼルならば気にならないレベルなはず。

ジオランダー

 ハンドリングに関しても同じ印象で、余程無茶な運転をしない限りは、オンロード志向のタイヤと大きくは変わらない。こちらも厳密に言えば応答性やクルマの動きは若干穏やかな方向になっている。もちろん、ブロックが倒れ込むのはわかるが、ある所からいきなりグラッではなく、Gが高まるにつれてジワーッと倒れ込むので、コーナリング時に頼りなさを感じる事はなかった。

ジオランダー

 また、今回試乗した軽井沢スノーパーク周辺の一般道は、舗装路と言いながらも路面は荒れており、所々に穴があるような状況だったが、そんな中でも凹凸の吸収性の高さや段差を乗り越える際のアタリも柔らかく、快適性も想像以上に高いと感じた。

ジオランダー

 このように、ジオランダーX-ATは魅力的なルックスだけでなく、オン/オフ問わないトータルバランスを備えたオールラウンダーなタイヤに仕上がっている。二律背反を技術で克服したことで、オンロード主体のSUV乗りのユーザーにオフロードの楽しさの入口を切り開いてくれる架け橋のタイヤになってくれるに違いない。

 世界のタイヤ市場は規模の拡大と共に製品のコモディディ化が進んでいる。そんな状況になってもクルマ趣味を楽しむユーザーは世界にたくさん存在し、そんな方々の期待に応える商品を提供していくことがヨコハマの存在意義あると考えた。そもそもヨコハマは黒くて丸いタイヤに付加価値を付けた張本人だが、ジオランダーX-ATはその付加価値を次のコマに進めた商品と言ってもいいだろう。

 【詳しくはこちら】
問い合わせ:横浜ゴム株式会社 0120・667・520(受付時間 平日:9:00~17:00)
https://www.y-yokohama.com/product/tire/geolandar/

ジオランダー

画像ギャラリー