積めて走れるスーパースポーツ! マクラーレンGTの驚くべき中身 (1/2ページ)

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
積めて走れるスーパースポーツ! マクラーレンGTの驚くべき中身

昨今のグランドツアラーの在り方に一石を投じる!

 マクラーレン・オートモーティブは2019年6月20日(木)、新型車「マクラーレンGT」を発表した。

 マクラーレン・オートモーティブは2011年に初の量産車であるMP4-12Cを発売以降、多くのスポーツカー、スーパーカーを生み出し、存在感を高めてきた。

 ブランドの創始者ブルース・マクラーレンのモットーである「現状に甘んじることなく、常に挑戦し続ける姿勢」をいまなお踏襲し、クルマに最先端の技術と情熱を注ぎこみ1台1台ハンドメイドで作り出しているという。

 現在日本での販売台数はアメリカ、イギリスに次ぐ第3位で、2019年5月には国内の累計登録台数が1000台を超えた。

 2019年6月20日に行われた発表会で、マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏さんはマクラーレンGTについて、「マクラーレンの価値をグランドツーリングという新たなフィールドで実現した最新のモデルです」と語った。

マクラーレンGT

 グランドツアラーというのはもともと長距離を移動するための、快適でスタイリッシュ、かつスポーツカーのようなハンドリングをもったクルマを指す。しかし、GTは徐々にラグジュアリー志向に偏っていき、その結果、大型化や重量化から、運転の楽しさが損なわれる傾向にあるとのこと。

 そこでマクラーレンはこのような昨今のグランドツアラーの在り方に一石を投じたい、と考えマクラーレンGTが誕生した。そのキャッチコピーはずばり「New Rules」。

マクラーレンGT

 このクルマは快適性、実用性、美しいスタイリングといったGTならではの資質を持つのはもちろんのこと、ハンドリング性能や、俊敏性、そしてドライバーとの一体感を高める軽量なグランドツーリングカーに仕上がっているという。

 開発にあたり、こだわったポイントは大きく4つに分けられる。

画像ギャラリー