トヨタ新型ハイエースは超巨大化! 今のうちに4ナンバーの現行モデルを買っておくべき? (1/2ページ)

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
トヨタ新型ハイエースは超巨大化! 今のうちに4ナンバーの現行モデルを買っておくべき?

ディーラーによると置きかわるという情報はない

 2019年2月に海外仕様のハイエースが披露された。荷物を積むふたり乗りのバンから、17人乗りのコミューターまで、さまざまなタイプがある。ボディサイズは、標準ボディの全長が5265mmでロングは5915mmだ。全幅も1950mmとワイドになる。ロングボディの大きさは、トヨタ車でいえばコースターの6255mm×2080mmに近い。ハイエース

 日本で販売される現行ハイエースバンのサイズは、ロングの全長が4695mmで、全幅は1695mmの4ナンバー車だ。スーパーロングは1ナンバー車だが、4840mm×1880mmだから、海外仕様に比べれば大幅に小さい。ハイエース

 この海外仕様が披露されたことで「現行ハイエースが廃止され、後継モデルはボディが大幅に拡大されるのではないか。今のうちに4ナンバー車を買っておいたほうが良いかも知れない」という噂も立っている模様だ。そこでハイエースを扱うトヨペット店に尋ねた。

 返答は「インターネットなどで、今後登場するハイエースが話題になっているのは知っている。ただし今のところ、メーカーからは何も聞いていない」という。

 トヨタはかつて4ナンバー車だったピックアップトラックのハイラックスを廃止して、大幅にボディを拡大した現行型を復活させたが、ハイエースでは対応が異なるだろう。ハイエースは、ハイラックスと違って人気が高いためだ。2018年の登録台数は、姉妹車のレジアスエースバン(ネッツトヨタ店扱い)を含めると約5万8000台に達した。1カ月平均なら4800台だから、乗用車でいえばアルファード(ヴェルファイアを含まない)と同等で、商用車としてはきわめて堅調に売れている。ハイエース

 そうなるとニーズに応じて海外向けの大型ハイエースを加えることがあっても、4ナンバー車の廃止は考えにくい。倉庫に車両を入れて荷物の積み降ろしをするときなど、全幅が255mmも広がると、作業性が一気に悪化するからだ。全長が約6m、全幅が約2mでは、裏道の通行や左折も難しい。

画像ギャラリー