【ムービー】走りと静粛性に見合ったデザインを採用! 上質さを極めたリーフAUTECHが登場

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
【ムービー】走りと静粛性に見合ったデザインを採用! 上質さを極めたリーフAUTECHが登場

オーテック専用ブルーのシグネチャーLEDを採用!

 リーフAUTECHが登場した。AUTECHはミニバンのセレナを皮切りに、コンパクトカーのノート、SUVのエクストレイルに設定され高い評価を受けているが、リーフはその第4弾のモデルとなる。

 日産リーフは2018年に国内累計販売10万台を記録する人気モデル。このクルマのユーザーからは動力性能や快適性、静粛性の高さには満足しているが、「内外装により高い質感があれば……」と言う意見も数多く聞こえている。

 今回登場したこのリーフAUTECHは、左右のドットフィニッシャーや新たに採用のシグネチャーLED(AUTECH専用ブルー)がプラスされた専用バンパー、またボディ各部に配置されたメタル調フィニッシャー、そしてAUTECHの「A」をモチーフにデザインされた11本スポークの専用アルミホイールなどで仕上げた。

 リーフの走りとオーテックデザインのマッチングやいかに? モータージャーナリストの山本シンヤさんが試乗しながら詳しく解説する!