新型911も初披露! 富士スピードウェイをポルシェ一色に染めるイベントが開催決定

新型911も初披露! 富士スピードウェイをポルシェ一色に染めるイベントが開催決定

年に一度開催されるポルシェファンのための祭典

 ポルシェジャパンは2019年6月15日(土)〜16日(日)の2日間、富士スピードウェイで「Porsche Sportscar together Day 2019」を開催する。

 このイベントはポルシェジャパンが主催する年に一度のポルシェファンのための催しで、2017年以来3年連続の開催となる。これまでは「Porsche Experience Day」という名称で開催していたが、3回目を迎えた今回はイベント全体の名前を変更し、富士スピードウェイをポルシェ一色に染め上げる。

ポルシェイベント

 今回のイベントは2018年11月に開かれたロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアを果たした「新型ポルシェ911(タイプ992)」を、全国のポルシェセンターでの展示に先駆けて初披露する。

 ポルシェブランドの核となるモータースポーツにおいては、ポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)とポルシェカレラカップアジア(PCCA)に加え、「718ケイマンGT4クラブスポーツ」が、新たに創設されたポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)でデビュー予定だ。

ポルシェイベント

 6月15日はPCCJ第7戦とPCCAレース①、6月16日にはPCCJ第8戦、PCCAレース②/③、PSCJの第5戦、第6戦を開催する。

 また、PSCJと同様に今年から始まるポルシェジャパンが主催のワンメイクレースシリーズ「Porsche Esports Racing Japanシリーズ1」の決勝を行う。

ポルシェイベント

 入場に必要なパスは2種類を用意する。専用の空間で軽食とともに快適なレース観戦ができる「ポルシェラウンジパス」が1日につき1人1万5千円、レース観戦が基本の「ポルシェビジターパス」が2千円だ。

画像ギャラリー