発売が待ち遠しい! ダイハツ・コペンGRスポーツコンセプトのキーマンを直撃【大阪オートメッセ2019】 (1/2ページ)

発売が待ち遠しい! ダイハツ・コペンGRスポーツコンセプトのキーマンを直撃【大阪オートメッセ2019】

トヨタ車以外で初となるGRのDNAを受け継ぐモデル

 2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースでは、3台の新たなるコペンがメインステージに展示している。

 そのうちの1台である「コペンGRスポーツコンセプト」は、トヨタガズーレーシングと連携してダイハツが市販化に向けて開発を進めているコンプリートモデルだ。

 この新たな「GR」に施されれるであろうチューニングメニューについて、ダイハツ工業 事業・商品部 商品企画室の殿村裕一主査に聞いた。オートメッセ

──コペンGRスポーツが目指す走りの方向性は?

 殿村:GRシリーズに共通するポリシーである、圧倒的な安心感と意のままに操る喜びを実現するため、スプリングとダンパーのセッティングを見直したほか、ボディ剛性にも手を入れることで、フラットな乗り心地と操縦安定性を高次元でバランスさせることを目指しています。

 コペンGRスポーツコンセプトのベース車はビルシュタイン製ダンパーやレカロシートなどを装着する「ローブS」ですがダンパーはKYB製で、標準仕様とも異なる専用セッティングとなります。

──内外装の変更点は?

 殿村:こちらもGRシリーズに共通の「ファンクショナルマトリクス」グリルを持つ前後バンパーを採用したほか、前後ランプのベース色を黒にしました。インテリアはシート表皮をグレー、加飾パネルをブラックに変更して、質感を高めています。オートメッセ

画像ギャラリー