日本への導入はいつ? 大注目の新型マツダ3はカスタムスタイルで魅力を発信【大阪オートメッセ2019】 (1/2ページ)

日本への導入はいつ? 大注目の新型マツダ3はカスタムスタイルで魅力を発信【大阪オートメッセ2019】

話題の新型モデルながら乗り込みも可能!

 2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールにあるマツダブースのメインステージとその手前には、昨年11月にロサンゼルス自動車ショーで世界初公開された、新型「マツダ3」の北米仕様が3台展示されている。

 そのうち通路付近に平置きされているポリメタルグレーメタリックの「ハッチバック」は、ライトチューンが施された「カスタムスタイル」。しかもその室内には乗降可能で、連日行列ができるほどの人気コーナーとなっている。オートメッセ

 これまでの反響と今後の国内展開について、マツダ国内営業本部ブランド推進部主幹の空閑俊夫(くが・としお)さんに聞いた。オートメッセ

──このオートメッセでも新型マツダ3は大きな注目を集めていますが、これまでお客さんからはどのような声が上がっていますか?

 空閑:写真ではわかりにくいエクステリアの立体表現に加え、インテリアの質感に関してはとくに高い評価をいただいております。「車格を超えた質感を持っている」という声が非常に多いですね。オートメッセ

──「魂動デザイン」や「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」は新世代のものとなり大きく進化していますが、基本的な商品コンセプトやパッケージングは現行アクセラとほぼ変わらないように思えます。とくにハッチバックの後席は現行アクセラと同様に狭いですが、既存ユーザーや来場者からの反応は?

 空閑:ハッチバックのボディサイズは現行アクセラとほぼ変わりませんが、セダンは全長が約8cm伸びており、より3BOXらしいフォルムになっています。後席の居住性については、現行アクセラのユーザーは広さよりデザイン重視の方が多いため、現状の方向性を踏襲しています。

画像ギャラリー