人気のアウディA4が仕様変更でスポーティに変身! さらに特別仕様車も250台限定で登場

人気装備を標準化した特別仕様車にも注目だ

 アウディ ジャパンは、ミドルクラスセダン&ワゴンのA4ならびにS4の装備と価格を一部見直して発売した。現行モデルは2016年に発売した第5世代。進化したモジュラープラットフォーム「MLB evo」をベースに、最新の予防安全システム「アウディプレゼンス」や「バーチャルコクピット」などの最新デジタル技術も採用し、人気のモデルとなっている。

 今回の改良では、主力グレード「sport」に、S lineに装着されるフロントバンパーとクロームグリルを採用。同時にアルミホイールのデザインも刷新されている。リヤビューはベースグレードを含め、2本出しテールパイプとリヤディフューザーの一体型に変更。

 S lineパッケージならびにS4は、新デザインとなるフロントバンパーを採用。こちらもアルミホイールデザインを変更し、さらにスポーティに仕立てられた。また、全モデルに新色のナバーラブルーを採用している。

 インテリアは、S lineとS4のオプションパッケージ内容を変更。バーチャルコクピットやアンビエントライティングといった人気のアイテムを組み込んでいる。そして、sportのインテリアには新色のヌガーヌブラウンを追加している。

 また、セダン/ワゴン両方のA4 35 TFSI sport(FFモデル)をベースに、グロスブラックの18インチアルミホイールやマルチカラーアンビエントライティングなどを装備した特別仕様車「ブラックエレガンス」を、セダン/ワゴンそれぞれ125台ずつ(合計250台)を発売する。セダンが586万円、ワゴンが615万円となっている。

 仕様変更したアウディA4/A4アバントのメーカー希望小売価格は下記の通り。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  7. 復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在 トヨタから新型スープラ...

  8. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  9. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  10. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

alfaakb.com

agroxy.com

https://adulttorrent.org/category/gay_full_length_films