人気のアウディA4が仕様変更でスポーティに変身! さらに特別仕様車も250台限定で登場

人気装備を標準化した特別仕様車にも注目だ

 アウディ ジャパンは、ミドルクラスセダン&ワゴンのA4ならびにS4の装備と価格を一部見直して発売した。現行モデルは2016年に発売した第5世代。進化したモジュラープラットフォーム「MLB evo」をベースに、最新の予防安全システム「アウディプレゼンス」や「バーチャルコクピット」などの最新デジタル技術も採用し、人気のモデルとなっている。

 今回の改良では、主力グレード「sport」に、S lineに装着されるフロントバンパーとクロームグリルを採用。同時にアルミホイールのデザインも刷新されている。リヤビューはベースグレードを含め、2本出しテールパイプとリヤディフューザーの一体型に変更。

 S lineパッケージならびにS4は、新デザインとなるフロントバンパーを採用。こちらもアルミホイールデザインを変更し、さらにスポーティに仕立てられた。また、全モデルに新色のナバーラブルーを採用している。

 インテリアは、S lineとS4のオプションパッケージ内容を変更。バーチャルコクピットやアンビエントライティングといった人気のアイテムを組み込んでいる。そして、sportのインテリアには新色のヌガーヌブラウンを追加している。

 また、セダン/ワゴン両方のA4 35 TFSI sport(FFモデル)をベースに、グロスブラックの18インチアルミホイールやマルチカラーアンビエントライティングなどを装備した特別仕様車「ブラックエレガンス」を、セダン/ワゴンそれぞれ125台ずつ(合計250台)を発売する。セダンが586万円、ワゴンが615万円となっている。

 仕様変更したアウディA4/A4アバントのメーカー希望小売価格は下記の通り。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

Наш важный web-сайт про направление окрашивание бровей https://make-up.kiev.ua/pokraska-brovei.html
agroxy.com

https://adulttorrent.org/category/gay_full_length_films