人気のアウディA4が仕様変更でスポーティに変身! さらに特別仕様車も250台限定で登場

人気装備を標準化した特別仕様車にも注目だ

 アウディ ジャパンは、ミドルクラスセダン&ワゴンのA4ならびにS4の装備と価格を一部見直して発売した。現行モデルは2016年に発売した第5世代。進化したモジュラープラットフォーム「MLB evo」をベースに、最新の予防安全システム「アウディプレゼンス」や「バーチャルコクピット」などの最新デジタル技術も採用し、人気のモデルとなっている。

 今回の改良では、主力グレード「sport」に、S lineに装着されるフロントバンパーとクロームグリルを採用。同時にアルミホイールのデザインも刷新されている。リヤビューはベースグレードを含め、2本出しテールパイプとリヤディフューザーの一体型に変更。

 S lineパッケージならびにS4は、新デザインとなるフロントバンパーを採用。こちらもアルミホイールデザインを変更し、さらにスポーティに仕立てられた。また、全モデルに新色のナバーラブルーを採用している。

 インテリアは、S lineとS4のオプションパッケージ内容を変更。バーチャルコクピットやアンビエントライティングといった人気のアイテムを組み込んでいる。そして、sportのインテリアには新色のヌガーヌブラウンを追加している。

 また、セダン/ワゴン両方のA4 35 TFSI sport(FFモデル)をベースに、グロスブラックの18インチアルミホイールやマルチカラーアンビエントライティングなどを装備した特別仕様車「ブラックエレガンス」を、セダン/ワゴンそれぞれ125台ずつ(合計250台)を発売する。セダンが586万円、ワゴンが615万円となっている。

 仕様変更したアウディA4/A4アバントのメーカー希望小売価格は下記の通り。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  5. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  6. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  7. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  8. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...

  9. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  10. あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも ハイブリッド...

Наш важный web-сайт про направление окрашивание бровей https://make-up.kiev.ua/pokraska-brovei.html
agroxy.com

https://adulttorrent.org/category/gay_full_length_films