ハイパフォーマンスブランド「AMR」を披露! アストンマーティンが初出展【東京オートサロン2019】

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
ハイパフォーマンスブランド「AMR」を披露! アストンマーティンが初出展【東京オートサロン2019】

サブブランド「AMR」の世界観を表現したブースに

 イギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーティンが、東京オートサロン2019に初出展した。展示したのはヴァンテージと、よりスポーティさを高めたDB11 AMRの2台だ。アストンマーティン

 DB11 AMRは、アストンマーティン史上もっともパワフルな高性能モデルのDB11をベースに、5.2リッターV12ツインターボエンジンをさらにパワーアップ。約639馬力を発揮し、最高速度は約335km/h、0-100km/h加速は3.7秒という俊足を見せつける。アストンマーティン

 AMRはメルセデス・ベンツでいうところのAMG、BMWでいうところのMに相当するサブブランド。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、スポーティさをより引き出したモデルを取り揃える。

 もう1台のヴァンテージは、2018年にフルモデルチェンジとなった現行モデル。メルセデスAMG GTと同じ4リッターV8ツインターボを搭載。世界耐久選手権(WEC)などでも優勝を遂げているマシンのベースモデルだ。アストンマーティン

画像ギャラリー