【試乗】モーター4WDの実力は? 日産ノートe-POWER 4WDの実力を雪国でチェック(動画あり)

アイスバーンや坂道など市街地を中心に実力を発揮!

 2018年登録車販売台数ナンバー1となった、日産ノートのe-POWERに昨年の7月、4WDモデルが追加されたのをご存じだろうか? 冬期路面での実力に大きな期待が持てたので、今回は雪を求めて北海道に行き試してきた。

 順を追って話そう。まずは、完全なる電気自動車のリーフや、1.2Lエンジンを発電機として搭載して、電気モーター駆動で走るe-POWERが、アイスバーンを含めた冬路面で予想以上の実力を示す事実をご存じだろうか? 電気モーターの持つ可能性は大きく、瞬時に微妙なトルク調整ができる電気モーターは、ガソリンエンジンなどではできない制御が可能。

 それはタイヤが滑ったら積極的に駆動トルクを落としてグリップ回復を早められるのは当然として、そもそもタイヤが大きく滑らないように絶妙な駆動トルク調整ができる。結果として、フロントタイヤのグリップを効果的に使い切れるので、よく走り、よく曲がる世界が手に入る。

 そのノートe-POWERに、4WDが追加されたと聞いたら、冒頭の期待感を抱くのも当然だろう。

 そのシステムは2WDのe-POWERと同じく、最高出力109馬力、最大トルク254N・mの電気モーターで前輪を駆動させる。加えて、後輪駆動用に最大出力4.8馬力、15N・mの電気モーターを後方に搭載する。

 これだけを聞くと、過去にもあった生活4駆? と思う方も当然いるだろう。しかし、電気自動車やe-POWERのような電動ドライブ前提の賢く緻密な制御で操られる、リヤの電気モーターの効果は絶妙であり、小さな巨人的な頼もしさを発揮した。

小型モーターだからといって侮れない4WD性能を発揮

 まずツルツルのアイスバーンの上でも、グッグッとかすかなタイヤグリップを上手に使うように、クルマを前に進める。交差点で右左折するときなど、ハンドルを多量に切った状態でもスムースに安定して走り出せる。わざと滑るようにアクセルを踏んでも、瞬時に駆動トルクがコントロールされ、グリップが回復する。4WD車のなかでも目を見張る性能だ。

 背景には、一見すると不十分に思える小型リヤモーターが効いている。なぜなら、高出力を狙った大きなモーターを大きなスペースをとって積んだとしても、重量が増えて動き出しにくく、タイヤが滑ってからの駆動に慣性力が強く働きグリップ回復が遅れる。必要なのは、ノートの重量を十分に走らせられるだけの出力&トルクと、緻密な駆動トルク制御なわけだ。

 ちなみに小型モーターといっても、除雪がままならない住宅周辺の2WDではスタックしそうな環境や、登れなかったときのことを連想させる急な上り坂でも、グイグイと不思議なほどよく走るのでタフな環境でも安心して使える。これが、e-POWER 4WDのポイント。前輪の滑り具合でも変わるが、リヤモーターは最大で30㎞/hまでの速度域で抜群の威力を発揮する、低速スペシャリスト4駆がその正体。出力にモノ言わせて勢いで坂を登る、雪道を走るのではなく、確かなグリップを頼りに堅実に走り、登る感じ。

 ほかにもABSと連動までしてくれるワンペダルドライブの雪道での扱いやすさが確認できるなど、低速走行環境が多い雪国ユーザーにオススメしたくなる実力が確認できた北海道取材だった。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

replacement window pricing Providence

los angeles sports massage

куртки оптом от производителя харьков