【試乗】レクサスUXは新プラットフォームで意のままになる操縦性を示す! (1/2ページ)

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
【試乗】レクサスUXは新プラットフォームで意のままになる操縦性を示す!

主戦場のアメリカでは攻めたフロントマスクが必須

 コンパクトなレクサスのクロスオーバー、UXに乗る。造形の豊かさで鮮烈なインパクトを放つレクサスデザインだが、これ、メインマーケットであるアメリカの街並や、フリーウエイの流れに混ざるとごく普通に見える。

レクサスUX

 つまりそれほど個性の強いアメリカンや韓国勢が溢れている地では、強烈なインパクトを与えなければ負け!? とくに女性ドライバーには、威嚇できるマスクが必要だ、と聞く。交通の流れにおいて、無理な割り込み等を防ぐための重要な要素なのだと言う。

レクサスUX

 そんな事をLAオートショーに行き、向こうでも試乗して”理解”した。とは言えレクサス、スピンドルグリルにはだいぶ慣れたが、UXを含むクロスオーバー各モデルを斜め後方から眺めると、空力効果を狙った造形の奇抜さと斜めに入るキャラクターライン、切れ上ったホイールアーチの角度や形状に、日本で慣れるにはもう少し時間が必要か。

レクサスUX

 コクピットは上質感に溢れている。まずは高級感のあるセンタークラスターがドライバーを迎え入れる。クロスオーバーとは言え、見下ろす視界とは少々違い、視線はダッシュボード上面からボンネットに、ほぼ水平に延びてセダンのように低いドライビング姿勢に驚く。もちろんシート高を最下端まで下げた状態の話で、ハイト調整により背中を立てたアップライトな姿勢も取れるのでご安心を。

レクサスUX

 スリーサイズは4495x1840x1540mmと2640mmのホイールベース。新型のライバルで比較するとサイズ的に近いところは、三菱エクリプス・クロスやボルボXC40だが、UXは全高が100mm以上低く、やや背の高いスポーツハッチバックのような個性だ。

レクサスUX

 低いと言っても室内高は十分で、とくに後席は頭上と足もとともに余裕の広がりを見せる。

 基本はパワーユニット違いでUX200とUX250hにわかれる。新開発の自然吸気2リッター直噴4気筒搭載のFWDがUX200。2リッターハイブリッドの4WD(E-Four)がUX250hで、それぞれに標準のバージョンC、スポーツ系のFスポーツ、豪華装備がバージョンLの3グレードが用意される。

画像ギャラリー