【試乗】新型BMW Z4は国宝級の直6エンジンと最高のFRシャシーで理想的なスポーツカー!

典型的なFRスポーツのデザインだがドライバーは前方に移動

 ふたり乗りのオープンカーなんて、まったく実用性がない単なる遊びグルマだと思っている人が多いと思う。だが、クルマ好きにとってオープン2シーターはある種の憧れのスポーツカーだ。軽快なハンドリングと髪で風を感じる走るは爽快感満載だ。

 私も2シーターではないが、911ポルシェ(996型)のオープンカーを所有していたことがある。子どもが小さかったので、狭い後席でもなんとかなったが、子どもの成長とともに911を手放すことになった。だが、オープンカーは実用性がないというのはあまり当てはらないと思った。そんな経験があるので、我が家ではオープンカーの支持率が高く、次男はミニのカブリオレ、妻はスマートのカブリオレに乗っていた。

 考えてみれば贅沢なファミリーカーだが、屋根がないので、背が高い荷物はオープンで運べるし、ゴルフバックは屋根を開けて後席から出し入れできた。ちょっと面倒だが、工夫すればオープンカーはファミリーカーになり得ると思った。

 さらに大切なことをもうひとつ述べると、屋根はソフトトップに限るということ。ハードトップだと屋根を閉めているときにオープンカーの主張ができないが、雨が降り落ちる雨音はソフトトップならではのもの。

 さて、今回リポートするのはBMWの新型Z4ロードスターだ。どんなスポーツカーになったのだろうか。まずはデザインだが、内外装含めてかなり洗練されている。どこから見ても“BMW Z4”なのだが、新しさを醸し出している。微妙な変化が絶妙だと思った。とくにリデザインされたキドニー・グリルはより立体的になり、精悍さを増している。このグリルは新型Z4から採用されたものだが、新型8シリーズ、新型3シリーズにも使われる。

 FRスポーツカーにとってパッケージはとても重要だ。どこにエンジンを置き、どこにドライバーを座らせるかによって、カタログでは書けないドライバーだけが感じる世界をクリエイトできる。

 先代のZ4ロードスターと同じようにフロントエンジン・リヤ駆動は変わらない。Z4のハイパフォーマンスモデル「M40i」には340馬力/500N・mのストレート6(直列6気筒)を縦に搭載するので、どうしてもロングノーズ、ショートデッキという古典的なFRスポーツカーのフォルムになる。

 だが新型はノーズの長さを少し短くし、ドライバーを以前よりも前方に座らせるパッケージとなった。ボディのスリーサイズは全長4324mm/全幅1864mm/全高1304mmとなり、先代と比べて全長は85mm長くなり、幅は74mmワイドになった。だが、ホイールベースは26mm短くなっている。このパッケージではトランクスペースが広くなっているので、日常の使い勝手が向上している。ここは大きなセールスポイントではないだろうか。

ミッドシップ的なハンドリングと路面に吸い付く感覚に心酔

 ドライバーはよりフロントタイヤに近づき、旋回中心はドライバーの後ろになった。この変更でフロントエンジンのハンドリングに変化が生じ、フロントミッドシップのFRの走りに進化している。さらに重心は低くなったので、サスを固めなくても、ロール剛性を高めることに成功している。

 気になる重量は試乗したM40iモデルで約1.5トンに収まっているが、0-100km/h加速が4.6秒、ドイツのニュルブルクリンク・オールドコースではオープンカーとしては最速の7分55秒台を叩き出している。

 だが、そんな数値よりも実際にポルトガルのワインディングを走った印象が強烈だった。第一印象は路面に吸い付くような感覚が得られ、両手両足の延長線に4つのタイヤが存在する感じなのだ。よりタイヤに近づいたので、挙動が予測できる。

 エンジンは相変わらず国宝級で、シルキー6の名に恥じない。しかもギヤボックスはトルコンATなので、街中でもイージードライブが可能だった。ワインディングでスポーティに走ると、まるでDCT(ツインクラッチ)のようなダイレクトなシフトが楽しめる。

 乗り心地は引き締まったもので、段差乗り越えで硬いショックが瞬間的に襲ってくるものの、ダンピングがよいので、ボディとサスの揺れはない。ステアリングフィールもシルキーな操舵感なので、扱いやすい。スピードを高めても、ステアリングは非常に正確で、わずかなステアリングの動きにノーズは俊敏に反応する。その動きは旋回中心が後ろに移動したので、ミッドシップ風のドライブフィールだ。

 リスボンには海の上にかかる長い橋が有名だが、ここは横風の強さでも世界で有名。それによって進路が乱れてもわずかな操作で済む。ショートホイールベースでも直進性は高く操縦性も素晴らしかった。私の経験では、最高のFRシャシーだと断言できる。

 ロードスターのトリビアについて述べると、ROADSTAR(道の星)という意味ではなくROADSTERと書くのが正しい。STERという意味は「〜する人」という意味なので「道をゆく人」と理解することができる。新型Z4はまさに道をゆく人でありながら、道の星にもなろうとしている。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...

adulttorrent.org

best anabolic steroids

buy trenbolone