N-BOXじゃなくて大丈夫? 人気のホンダN-VANを勢いで買わないほうがいい人とは

複数人で移動するならN-BOXを選ぶべき

 軽バンとしては異例と言える、1万4000台もの初期受注台数を記録し(2018年8月20日現在)、軽自動車にまた新たな流れを作り出しているホンダのN-VAN。商用がメインユーザーなので、さまざまな業種のプロが満足できる使い勝手を追求していて、やっぱり“ホンモノ感”がただようカッコ良さってありますよね〜。私もついつい、「将来コレを買って、全国をドライブしながら移動式BARでもやりたい!」なんて夢がふくらんでしまったほど。きっとN-VANを見て、幼いころの夢を思い出してしまった人、たくさんいるんじゃないでしょうか?

 もちろん、その勢いに乗って一気にN-VANを買っちゃう、というのもいいと思います。人生、大事なのはきっかけとタイミングですからね。でも、仕事や夢のためだけでなく、日常生活のアシとしてもN-VANを使いたい、と考えているのなら、ちょっと待った! やっぱりプロのために「積む・運ぶ」機能を最優先しているN-VANですから、使うシーンによってはちょいとガマンを強いられるトコロもチラホラあるんですよ。それならN-BOXを買っておけば良かった〜(泣)とならないように、1つずつそのポイントをチェックしていきましょう。

 まず、N-VANとN-BOXでもっとも大きく異なるのは、シートです。運転席以外のすべてのスペースに、効率よく荷物が積めることを追求しているN-VANでは、座り心地や長時間ドライブでの疲れにくさなどを考えたシートを採用しているのは、運転席のみ。助手席と後席はダイブダウン機構付きで、低い位置でフルフラットにするために小さく薄いシートとなっています。

 なので、助手席や後席も座れないことはないですが、「子ども用!?」かと思うほど背もたれは低く、足が大きくはみ出すほど座面はコンパクト。一応ヘッドレストはG、L以外は装備されますが、やや簡易的なものになります。乗り心地の方も、運転席とそれ以外では月とスッポンくらい変わり、あんまり長時間だと後席はキビシイかな〜という印象。

 これとは別にファーストカーを持っていて、N-VANはオレ専用車、という人にはハマりますが、家族や友人など、誰かを乗せることが多い人、とくにチャイルドシートを使う子どもを乗せるなら、絶対にN-BOXのほうがいいと思いますよ〜。

載せる荷物の種類によってはN-VANよりスロープ付きのN-BOX

 次にチェックするのは、やはりN-VANの肝である「荷物の積みやすさ」。もちろんN-BOXもシートアレンジがしやすく、後席をフラットにすればたくさんの荷物が積めるんですが、N-VANの良さはバックドアだけでなく助手席側のドアからも、大きな荷物が積み下ろししやすい点なんです。

 駐車スペースの関係で、どうしてもバックドアが開けられない場所ってありますよね。そんなときに、助手席側のフロントドアとリヤのスライドドアにある邪魔な柱を「ドアインピラー構造」として、ガバッと大きく開くようにしたN-VANはとっても便利。開口部は幅1580mm、高さ1230mmにもなるので、ダンボールだろうがスーツケースだろうが、自転車やサーフボードだってラクラク積み下ろしできちゃうのです。

 ただ、大きくて重い荷物を積み下ろしする場合は、もしかしたらN-B0Xの方がラクかもしれません。というのは、N-BOXにはラゲッジから折りたたみのスロープが引き出せる、「スロープ仕様」もありますよね。例えば電動ママチャリなんてかなり重量がありますから、スロープを押して積んだ方がぜったいラク。でもスロープを引き出すには駐車スペースにも余裕が必要なので、物理的に無理な場合もありそうです。自分が何を積みたいのか? よく積む荷物と積む場所を想定して、それに合わせてN-VANかN-BOXかをチョイスするといいですね。

 そして続いては、助手席側がセンターピラーレスとなったことで、荷物の積み下ろし以外にもN-VANの使い方が広がったこと。とくに移動式のカフェやお弁当屋さん、お花屋さんなどをやる場合、これまでの軽バンやN-BOXのようなスーパーハイトワゴンでは、それぞれに合わせた改造が必要でしたが、N-VANではクルマ側の改造はほとんど必要ナシ。商品を渡すカウンターや、看板、メニューなどを作れば手軽にスタートできるので、そうした夢にトライするための敷居をグッと低くしてくれたと思うのです。

 運転席は、背もたれが座面とフラットになるまで倒れて、ベンチ状態になります。背もたれ側に人が座っても大丈夫というから、店番にもってこい。もちろん、ロングドライブ中の昼寝にも良さそうです。ほかにも、家庭菜園が趣味で、豊作だった日にはファーマーズマーケットを開く、なんてのもステキ。そうした、荷物を積んで走って行った先で、何かやりたいことがある、という人には全力でN-VANをオススメします。

N-VANにはMT好きにはたまらない6速MTが用意される

 さて、最後にオマケでもう1つ……。今や少数派ではありますが、「マニュアル車じゃなきゃイヤだ」という人もN-VANをぜひ。あるんですね〜、6速MTが! しかもミッドシップ・2シータースポーツのS660に搭載されている6速MTを流用しているというから、ツウにはちょっと嬉しいですよね。まぁ、FFおよび4WD向けに改良されているので、操作感はS660と同じとはいきませんが、6速MTは軽バンとして初採用なので、今までのMTモデルと比べたらグッと楽しく、快適な走りが手に入ると思います。

 というわけで、まとめるとN-VANを買って後悔しないのは、「乗るのはほとんどオレ1人、あとは荷物」という人。「大きくて軽めの荷物をよく積む」という人。「軽バンを使って何か新しいコトをしたい」という人。そして「マニュアル車がイイ!」という人ですね。どうでしょう? 当てはまっていますか? もしピンときたら、まさにあなたは“N-VANに選ばれし人”、ですね。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...

https://optiontradingstrategies.net

https://optiontradingstrategies.net/

www.optiontradingstrategies.net/binary-options-beginner/