若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

あえて狙っているとしか思えない究極の落ち着き感

 激しく脱オヤジ(=高齢男性)グルマ化を図った新型クラウンだが、オヤジ以外、クラウン買うわけねぇだろ! だってクラウンなんだから! という、身もフタもないことを言ってしまいそうになる昨今。国産セダンユーザーの高齢化、これはもうどうしようもないです。だって誰しも毎年必ずひとつ年を取るんだから。「人はいつか必ず死ぬ」つーのといっしょ! だから今輝きましょうご同輩諸君! ダハハハハハ!

 というわけで、国産セダンというだけで、すでにほぼ95%オヤジグルマ。あとはオヤジ度の順位をつけるだけですが、なかにはあんまりオヤジグルマのイメージがないセダンもある。それを挙げたほうが早いので、先に挙げさせていただきましょう。

マツダ・アテンザセダン
マツダ・アクセラセダン
ホンダ・シビックセダン
ホンダ・アコードセダン

 この4台はそんなにオヤジじゃない! 欧米っぽいから! 欧米製セダンはオヤジというよりクルマ好きとか金持ちのイメージ。だからちょっと違う。残りの国産セダンは、ほぼすべてオヤジグルマです。

 では、独断のランキングを発表しましょう。

1位 トヨタ・プレミオ/アリオン

 無敵のオヤジグルマ。というよりウルトラスーパーお爺さんのクルマ。「もうクラウンは大きすぎて乗れないよ、年だからね」とおっしゃる70代男性以外、乗るイメージゼロ! 顔もニセクラウンっぽいし。セダン

2位 日産シルフィ

 こちらはお爺さんでなく、お婆さんのクルマかもしれませんが、とにかく「むかしむかし、お爺さんとお婆さんが住んでいました」という、日本むかし話グルマとでも申しましょうか? 無意味にうねるサイドのエッジは、中国ではとても人気があるようですが、日本人にはほうれい線にしか見えません。セダン

3位 トヨタ・カローラアクシオ

 マイナーチェンジで顔がアグレッシブになったので、若干高齢男性イメージは薄らぎましたが、営業車率がとても高いので、オヤジ営業マンのイメージは大変濃厚です。

セダン

4位 日産スカイライン/フーガ/シーマ

 めんどうなので、ひとくくりにさせていただきました。フーガやシーマは社用車やハイヤーのイメージが強いですが、運転手さんはオヤジだし、後席のVIPはもっとオヤジ。若い女子がハンドルを握っている率は限りなくゼロ。セダンスカイラインは個人オーナー車ですが、いうまでもなくオヤジグルマでして、言うまでもなく若い女子が買うことは絶無です。高いし。セダン

5位 トヨタ・マークX

 マイナーチェンジで、顔がバイオハザードになったので、アブラギッシュなパワフル感は出ていますが、それってつまりオヤジってことじゃん! なんかもう高齢化争いが激しすぎて、「中年オヤジ」って呼ばれる人はまだ若者の仲間! みたいな感覚になっております。セダン

画像ギャラリー