安全装備を充実させた限定車「プジョー208 TECH PACK EDITION」が登場

安全装備を充実させた限定車「プジョー208 TECH PACK EDITION」が登場

208として初採用の装備も!

 プジョーは、コンパクトカー「208」に、安全・運転支援システムを標準装備した限定車「208 TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を設定し、販売を開始した。車両本体価格(税込)は、237万円で、限定販売台数は400台となる。プジョー208

 今回の限定車は、208では初となるバックアイカメラをはじめ、前方の障害物を検知すると警報音でドライバーに警告するフロントソナーや、縦列駐車時にステアリングの操作を自動で行うパークアシストを標準化し、安全装備の充実を図っている。プジョー208

 また、Apple CarPlayに対応するスマートフォン接続機能「ミラースクリーン」を搭載。USBケーブルで接続するだけで、対応しているアプリを車載のタッチスクリーンで利用可能だ。

 エクステリアにも、左右のフロントドアに限定車エンブレムをあしらったほか、足もとには太さの異なるスポークを合わせた新デザインの16インチアロイホイールを装着し、特別な1台に仕立てた。プジョー208

 オプションとして、室内に明るさと開放感をもたらすパノラミックガラスルーフを設定。紫外線や熱戦を大幅にカットする特殊ガラスであるとともに、夜にはブルーのLEDライトでロマンティックな室内を演出するおすすめアイテムである。

画像ギャラリー