ついにスズキ・ジムニーが登場! 20年ぶりにフルモデルチェンジした車両詳細をチェック

待望の4代目は安全装備も充実!

2018年7月5日、軽自動車でありながら高い悪路走破性を発揮する「スズキ・ジムニー」と、ジムニーがベースの登録車「ジムニー・シエラ」がフルモデルチェンジした。20年ぶりの全面刷新となったジムニーは、1970年に登場してから現在まで、世界累計販売台数285万台を記録するほど愛されているモデルだ。早速詳細を見ていこう。

スズキ・ジムニー(シエラ)のエクステリアデザイン(外装)

合理的で無駄のない機能美を追求し、「プロの道具」をデザインするというデザインコンセプトのもと、初代から変わらぬスクエアなボディを採用している。新型ジムニーのデザインキーワードは下記の3つだ。

・車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディ
・過酷な環境に負えないタフなパネル断面
・走破性・積載性を高める細部の工夫

ウインドウシールドからの視界確保のため、Aピラーを立たせ車両後方に引いたことでフロントフードが長くなり、FRらしいプロポーションとなった。Bピラーを直線的にしたことで、先代モデルよりもクオーターガラスからの視認性も向上した。

新型ジムニーではエンジンフードやショルダーなど鉄板をプレスラインを一方向にしたことで鉄板の厚みを表現。スズキのSUVに多く採用するクラムシェル型エンジンフードも高い剛性を実現している。降雪地方には嬉しいフラットルーフ化にしたことで雪下ろしがしやすく、立ったサイドガラスを採用したことで雪が滞積しにくくなった。また、台形ホイールアーチを採用しタイヤ交換がしやすくなったり、凸凹道でも余裕のあるクリアランスを保っている。

さらに歴代ジムニーを継承するデザインを随所に取り入れている。例えば、先代モデルのフロントグリルをオマージュした5つ穴や、サイドミラーの近くにあるスリット処理やボンネットフードは2代目ジムニーから受け継ぐなど、伝統を大事にしている。誰が見てもジムニーとわかるデザインとなった。

スズキ・ジムニー(シエラ)のボディカラーのこだわり

パッと見た瞬間に派手! と思えるキネティックイエローや、オフロード走破性をイメージさせるグリーンなど、機能を表現した車体色を採用している。ジムニーが使用される環境を知るために日本や欧州の森林組合などにインタビューを行った結果、2つのキーワードが登場した。

まず「目立つ性能」は、暗い森の中や悪天候の中でも目立つように視認性の高いカラーにした。そして「隠れる性能」として、ロービジリティカラーやジャングルグリーンなど、深い森の中に入っても自然と一体化するソリッドカラーにした。外装部品に関しては、必要なところに必要な色を採用した。例えば、フロントグリルやルーフなどにブラックを取り入れている。

シエラに関しては、石はねしてもボディに傷か付きにくい「オーバーデンダートサイドアンダーガーニッシュ」を採用。ジムニーとジムニーシエラの違いは、ボディパネルは共通だが、前後バンパーやタイヤサイズなどで差別化を図っている。

ボディカラーはモノトーンが9色、ツートーンが3色、受注生産カラーが1色用意される。全車に設定されるのは、ブルーイッシュブラックパール・ジャングルグリーン・シルキーシルバーメタリックの3色となっている。

スズキ・ジムニーのインテリアデザイン(内装)

車両姿勢を把握しやすくするために、水平基調をテーマにデザインした。車両の傾きや変化など感覚的につかみやすいようにしている。機能的なレイアウトは、カーナビやオーディオは最上段にレイアウトし、助手席の乗降バーは掴みやすい真ん中に配置。立体感で力強さを表現している。また、インテリア色はブラックがベース。これは運転に集中できる環境とするため、無駄な色や装飾を抑えたとのこと。

そして、耐傷付き性、汚れ除去性を考慮し、泥や水滴が付着してもタオルで拭き取りやすいシボを採用していつのも特徴のひとつだ。

スズキ・ジムニーのパワーユニット

エンジンは0.6リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。最高出力47馬力、最大トルク96N・mを発生する。シエラに搭載する新開発K15B型エンジンは、軽量・コンパクトかつ燃費に優れ、排気量アップによる出力向上により、走りに力強さとゆとりをもたらしている。燃費に関してはWLTCモードのみで申請を行い、市街地モードで5速MTが16.2km/L、4速ATが13.2km/Lという数値を達成している。

シエラは市街地モードで5速MTが15.0km/L、4速ATが13.6km/Lという数値を実現している。

スズキ・ジムニーに採用された最新安全装備

安全装備も抜かりはない。ジムニーに採用される新機能の「標識認識機能」は車両進入禁止に加え、最高速度やはみ出し通行禁止の認識機能を搭載。これは走行中に単眼カメラが標識を認識しメーター内に表示して、ドライバーに通知する機能だ。

ほかにもデュアルセンサーブレーキサポート、車線逸脱警報機能、誤発進制御機能(4速AT)、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能、ふらつき警報機能などをジムニーXC/ジムニーシエラJCに標準装備している。また、全車にフロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを全車標準装備。ちなみに、スズキ・セーフティサポート装着はジムニーGX、XL、シエラはJLにメーカーオプション設定となっている。

スズキ・ジムニーの価格

 4代目となる新型ジムニーの価格は下記のとおり。

 ジムニー(5速MT/4速AT)
XG 145万8000円/155万5200円
XL 158万2200円/167万9400円
XC 174万4200円/184万1400円

 ジムニーシエラ(5速MT/4速AT)
JL 176万400円/185万7600円
JC 192万2400円/201万9600円

 世界中で愛されているジムニーだけに、新型も大ヒットとなりそうだ。

【お詫びと訂正】
記事初出時、ジムニーの価格に誤りがありました。正しい価格は上記のものとなります。お詫びして訂正させていただきます。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  4. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  5. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  6. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  7. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  8. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...

  9. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  10. これは凄い……と感動するのは最初だけ! 実際乗ると実用性はほぼナシのクルマの装備4選

    機能パーツでも公道ではほぼ必要のないものも 1)スバル・インタークーラ...

militarycenter.com.ua

продвижение сайта в интернет

У нашей организации популярный интернет-сайт , он рассказывает про дозирующие насосы.