高級車や高級グレードに採用される本革ステアリングのメリットとは

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
高級車や高級グレードに採用される本革ステアリングのメリットとは

見た目だけでなく、滑りにくさや汗の吸湿性など機能面も優れる

 ステアリングの素材には樹脂(プラスチック)、ウレタン、本革などがあるが、現在ベストといえるのはやはり本革だろう。本革の良さは滑りにくくて掌に馴染みやすく、汗の吸湿性もいいところだ。本革ハンドル

 かつては純正ステアリングのデザイン、形状、材質、操作性がイマイチだったので、スポーティなクルマを買った場合、真っ先にナルディやモモなどの「より操作性のいい」本革のステアリングに交換するのが定番チューニングだった時代があったほどだ。本革ハンドル

 現在では純正のステアリングの質感が向上したことと、エアバッグの標準化で、ステアリングを交換するケースは目立たなくなったが、本革ステアリングの魅力は今も変わらない。

 日本皮革技術協会によると、一般的な革製品のメリットとして

・銀面模様の美しさ
・優れた感触
・保温性があり、暖かい感じ
・吸湿性に優れている
・気温による風合いの変化が少ない
・適度な塑性と弾性をもつので、成形性がよく体や手足になじみやすい
・切り口は裂けにくく、ほころびない
・燃えにくい

 といった7点を挙げている。

本革ハンドル

 短所については

・個体差、部位差があり、感触、色、風合いなどが不均一である
・部位を考慮した色合わせや裁断が必要である
・不定形であり、大きな面積や均質なものがとれないため裁断率が悪い
・水に濡れると形状や風合いが変化する
・染色堅牢性が比較的弱い。カビが生えやすい
・濡れたとき熱に弱い。アルカリ性に弱い
・特有の臭い(主にタンニン、加脂剤、仕上げ剤等)を有する場合がある

 などとしている。クルマのステアリングに限定すれば、前記のように滑りにくくてフィット性がいいことが一番のメリットで、高級感がプラスされるのも大きな利点。パンチング加工されたステアリングなどは、よりグリップ性能に優れ、操作しやすくなっている。本革ハンドル

 欠点は長期間使い続けるうちに、表面の擦れによるテカリや痛みが生じること。もちろん、本革にもピンからキリまであるわけだが、ナルディやモモ、ポルシェの純正ステアリングなどは本革のクオリティ、形状ともに優れていて、一日の長がある。いま使っているステアリングの形状が気に入っているなら、専門店で表皮を本革に張り替えてもらうというサービスもある。本革ハンドル

 張り替える場合、革の色やその組み合わせ、ステッチの形や色までオーダーできるので、自分だけの本革ステアリングを作れるのも大きな魅力(相場は3万円~)。いい本革のステアリングに出会うと、なかなか手放せなくなるので、一流の本革ステアリングを一度握ってみることをおすすめする(とくに、欧州で鞣した本革の品質が秀逸だ)。

画像ギャラリー