三菱デリカD:5を一部改良しアウトドア感満点の特別仕様車「ACTIVE GEAR」を発売

特別仕様車はタフなイメージを強調

 三菱自動車工業は4月21日、本格的なオフロード性能を備えたミニバン「デリカD:5」の一部改良を発表。4月27日より販売開始することを発表した。

 今回の一部改良では、従来は「G-Premium」、「D-Premium」にのみ標準装備していたACパワーサプライ(AC100V電源)を、「M」以外の全グレードに標準装備。また、シルバー系のボディカラーを、従来のクールシルバーメタリックから、より高輝度な新色スターリングシルバーメタリックに変更した。

 そして、2.2リッター直4直噴ディーゼル+6速マニュアルモード付きAT+4WD車に、クロスオーバーミニバンのSUVらしさを強調して、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した新たな特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定した。

「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」は、ブラックを基調としつつ、登山ロープやバックパックなどの本格的アウトドアギアに使用され、エマージェンシーカラーとしての意味合いを持つオレンジ色を、内外装の各所にアクセントとして入れているのが大きな特徴。具体的には、

・フォグランプベゼル
・ウインカー付き電動格納式リモコンドアミラー
・スエード調人工皮革を座面と背もたれに採用した専用シートのステッチ
・アッパーグローブボックスの「DELICA」文字
・ヒーターコントロールダイヤル
・シフトインジケーターパネルのリング部
・本革巻きステアリングホイールの加飾及びステッチ
・ドアトリムスピーカーリング(フロント&セカンドシート)

 にオレンジのアクセントを入れている。

 また、フロントグリルと前後バンパーアンダーカバーをダイヤモンドブラックマイカで塗装したほか、アッパーグローブボックス、シフトインジケーターパネル、パワーウィンドウスイッチ(フロント&セカンドシート)をピアノブラックとした。

 そのほか、ボディ側面に専用ピンストライプとデリカD:5イラストデカール、バックドアに「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」専用デカールを装着している。

  

 ボディカラーは、モノトーンがダイヤモンドブラックマイカのみ。2トーンは、アイガーグレーメタリックと「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」専用のウォームホワイトパールが基調色として設定され、両色ともボディ下部がダイヤモンドブラックマイカで塗装される。

  

 さらに専用アイテムとして、「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」の世界観をより一層強調する、

 1.ダイヤモンドブラックマイカにオレンジの「DELICA」ロゴが入ったフロントバンパープロテクター
2.オレンジのサイドガーニッシュ
3.ダイヤモンドブラックマイカとオレンジのリヤディフレクター
4.「ACTIVE GEAR」ロゴ入りアルミホイールデカール
5.専用フロアマット(ブラック&オレンジ)

 の5点をセットにした「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」をディーラーオプション設定した。メーカー希望小売価格は本体163,404円、参考取付工賃20,671円。

 なお、2016年10月27日に発売された特別仕様車「ROADEST ROYAL TOURING(ローデスト ロイヤルツーリング)」は、今回の一部改良を反映したうえで継続販売される。

 車両本体価格は、カタログモデルが2,408,400円から4,055,400円。特別仕様車の「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」は3,763,800円、「ROADEST ROYAL TOURING(ローデスト ロイヤルツーリング)」は価格据え置きの4,012,200円となっている。

 【詳しくはこちら】

  

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  5. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  6. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  7. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  8. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...

  9. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  10. あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも ハイブリッド...

expertoption ถอนเงิน

Buy Tamoxifen

модные шторы