三菱デリカD:5を一部改良しアウトドア感満点の特別仕様車「ACTIVE GEAR」を発売

特別仕様車はタフなイメージを強調

 三菱自動車工業は4月21日、本格的なオフロード性能を備えたミニバン「デリカD:5」の一部改良を発表。4月27日より販売開始することを発表した。

 今回の一部改良では、従来は「G-Premium」、「D-Premium」にのみ標準装備していたACパワーサプライ(AC100V電源)を、「M」以外の全グレードに標準装備。また、シルバー系のボディカラーを、従来のクールシルバーメタリックから、より高輝度な新色スターリングシルバーメタリックに変更した。

 そして、2.2リッター直4直噴ディーゼル+6速マニュアルモード付きAT+4WD車に、クロスオーバーミニバンのSUVらしさを強調して、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した新たな特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定した。

「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」は、ブラックを基調としつつ、登山ロープやバックパックなどの本格的アウトドアギアに使用され、エマージェンシーカラーとしての意味合いを持つオレンジ色を、内外装の各所にアクセントとして入れているのが大きな特徴。具体的には、

・フォグランプベゼル
・ウインカー付き電動格納式リモコンドアミラー
・スエード調人工皮革を座面と背もたれに採用した専用シートのステッチ
・アッパーグローブボックスの「DELICA」文字
・ヒーターコントロールダイヤル
・シフトインジケーターパネルのリング部
・本革巻きステアリングホイールの加飾及びステッチ
・ドアトリムスピーカーリング(フロント&セカンドシート)

 にオレンジのアクセントを入れている。

 また、フロントグリルと前後バンパーアンダーカバーをダイヤモンドブラックマイカで塗装したほか、アッパーグローブボックス、シフトインジケーターパネル、パワーウィンドウスイッチ(フロント&セカンドシート)をピアノブラックとした。

 そのほか、ボディ側面に専用ピンストライプとデリカD:5イラストデカール、バックドアに「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」専用デカールを装着している。

  

 ボディカラーは、モノトーンがダイヤモンドブラックマイカのみ。2トーンは、アイガーグレーメタリックと「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」専用のウォームホワイトパールが基調色として設定され、両色ともボディ下部がダイヤモンドブラックマイカで塗装される。

  

 さらに専用アイテムとして、「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」の世界観をより一層強調する、

 1.ダイヤモンドブラックマイカにオレンジの「DELICA」ロゴが入ったフロントバンパープロテクター
2.オレンジのサイドガーニッシュ
3.ダイヤモンドブラックマイカとオレンジのリヤディフレクター
4.「ACTIVE GEAR」ロゴ入りアルミホイールデカール
5.専用フロアマット(ブラック&オレンジ)

 の5点をセットにした「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」をディーラーオプション設定した。メーカー希望小売価格は本体163,404円、参考取付工賃20,671円。

 なお、2016年10月27日に発売された特別仕様車「ROADEST ROYAL TOURING(ローデスト ロイヤルツーリング)」は、今回の一部改良を反映したうえで継続販売される。

 車両本体価格は、カタログモデルが2,408,400円から4,055,400円。特別仕様車の「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」は3,763,800円、「ROADEST ROYAL TOURING(ローデスト ロイヤルツーリング)」は価格据え置きの4,012,200円となっている。

 【詳しくはこちら】

  

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...

expertoption ถอนเงิน

Buy Tamoxifen

модные шторы