【ジュネーブショー2017】最高出力210馬力以上! トヨタ・ヤリスGRMNが世界初公開

日本でもヴィッツGRMNとして発売される予定

 現在開催中のジュネーブモーターショー2017において、トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)のハイパワーバージョンとなるヤリスGRMNがワールドプレミアされた。ヤリスといえば先月、今シーズンから参戦しているWRC(世界ラリー選手権)第2戦のラリー・スウェーデンで優勝。絶好のタイミングでの発表となった。

 日本でいえば、かつてラインアップされていたヴィッツG’sの後継モデルとして、GRというシリーズの登場が噂されているが、まずはトップに位置するモデルとして、エンジンにも手を加えたハイパワーバージョンが欧州に登場したのだ。

ベースモデルのエンジンは1リッター、1.3リッター、1.5リッターハイブリッドの3タイプ。一方、今回のGRMNには、最高出力210馬力以上を誇る1.8リッタースーパーチャージャーが搭載される。これはロータス・エリーゼのユニットと同じ、2ZR-FEにスーパーチャージャーを組み合わせたものだ。

 実際に搭載するにあたっては、取り回しやECUなど、変更が施されているそうだが、刺激的な走りはそのまま。0-100㎞/h加速、4速ギヤでの80-120㎞/h加速は、クラストップレベルだという。

 またボディは日本では設定のない3ドア。白いボディに赤/黒のアクセントは、ヤリスWRCを彷彿とさせる。センター出しのマフラーもスポーティだ。そのほかホイールはBBS、サスペンションはC-HRや86への採用で定評のあるザックス。さらにトルセンLSDの搭載など、コーナリング性能も高められている模様だ。

 そして何よりこのクルマに対して高い期待を抱いてしまうのは、チーフエンジニアが86を手がけた多田哲哉さんだということだ。

 ちなみにこの日は多田さんの60歳の誕生日。ヤリスGRMNの公開と還暦を祝って赤い花の前で撮影させてもらった。

 さて、発売は2018年初頭だが、2017年から予約をスタート。欧州限定発売とされているが、ヴィッツGRMNとして、日本でも発売されることは間違いない。ただし仕様は変更される可能性も……。日本仕様の情報が入り次第、こちらでもお伝えしたい。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も 最近、駐車場で「ほか...

  2. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  3. 違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    周囲への意思表示が重要となる ショッピングモールの駐車場やコインパーキ...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    緊急回避に役立つテクも教えるべき ほとんどの人が免許を取ったときにお世...

  6. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  7. 【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    道路交通法では停止線の直前で停まるとなっている 交差点などに引かれてい...

  8. 【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない 右折レーンの手前でよく見かけ...

  9. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  10. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

danabol-in.com/pkt/tribulus_biotech

www.best-mining.com.ua

дизайнер штор киев