【ジュネーブショー2017】最高出力210馬力以上! トヨタ・ヤリスGRMNが世界初公開

日本でもヴィッツGRMNとして発売される予定

 現在開催中のジュネーブモーターショー2017において、トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)のハイパワーバージョンとなるヤリスGRMNがワールドプレミアされた。ヤリスといえば先月、今シーズンから参戦しているWRC(世界ラリー選手権)第2戦のラリー・スウェーデンで優勝。絶好のタイミングでの発表となった。

 日本でいえば、かつてラインアップされていたヴィッツG’sの後継モデルとして、GRというシリーズの登場が噂されているが、まずはトップに位置するモデルとして、エンジンにも手を加えたハイパワーバージョンが欧州に登場したのだ。

ベースモデルのエンジンは1リッター、1.3リッター、1.5リッターハイブリッドの3タイプ。一方、今回のGRMNには、最高出力210馬力以上を誇る1.8リッタースーパーチャージャーが搭載される。これはロータス・エリーゼのユニットと同じ、2ZR-FEにスーパーチャージャーを組み合わせたものだ。

 実際に搭載するにあたっては、取り回しやECUなど、変更が施されているそうだが、刺激的な走りはそのまま。0-100㎞/h加速、4速ギヤでの80-120㎞/h加速は、クラストップレベルだという。

 またボディは日本では設定のない3ドア。白いボディに赤/黒のアクセントは、ヤリスWRCを彷彿とさせる。センター出しのマフラーもスポーティだ。そのほかホイールはBBS、サスペンションはC-HRや86への採用で定評のあるザックス。さらにトルセンLSDの搭載など、コーナリング性能も高められている模様だ。

 そして何よりこのクルマに対して高い期待を抱いてしまうのは、チーフエンジニアが86を手がけた多田哲哉さんだということだ。

 ちなみにこの日は多田さんの60歳の誕生日。ヤリスGRMNの公開と還暦を祝って赤い花の前で撮影させてもらった。

 さて、発売は2018年初頭だが、2017年から予約をスタート。欧州限定発売とされているが、ヴィッツGRMNとして、日本でも発売されることは間違いない。ただし仕様は変更される可能性も……。日本仕様の情報が入り次第、こちらでもお伝えしたい。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  4. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  5. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  6. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  7. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  8. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...

  9. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  10. これは凄い……と感動するのは最初だけ! 実際乗ると実用性はほぼナシのクルマの装備4選

    機能パーツでも公道ではほぼ必要のないものも 1)スバル・インタークーラ...

danabol-in.com/pkt/tribulus_biotech

www.best-mining.com.ua

дизайнер штор киев