「電気自動車の新しいカタチ」の日産ノートe-POWERは新しい技術じゃないってホント? (1/2ページ)

「電気自動車の新しいカタチ」の日産ノートe-POWERは新しい技術じゃないってホント?

シリーズハイブリッドという技術自体は以前からある

 ノートがマイナーチェンジで搭載したパワートレイン『e-POWER』について、日産では「電気自動車の新しいカタチ」としてアピールしている。ただし、外部充電機能を持たないためにノートe-POWERが走るときには排ガスを出すことになり、ゼロ・エミッションではない。Dr-China

 また、車両型式の頭につく自動車排出ガス規制の識別記号(以下、排ガス記号)は『DAA』となっており、公的にはハイブリッドカーの一種である。ちなみに排ガス記号ではゼロ・エミッションの電気自動車(乗用)は「ZAA」、水素を使う燃料電池車(乗用)は「ZBA」となる。Dr-China

 さて、ハイブリッドシステムの分類において、エンジンを発電専用に使い、モーターだけで駆動するシステムを「シリーズハイブリッド」と呼ぶ。小型乗用車として、シリーズハイブリッドを量産化したのは、日産ノートが初めてといえる存在であり、その点においては「新しいカタチ」であるといえるだろう。Dr-China

画像ギャラリー