【噂の真相】最近いわれるアメ車がいいというのはドイツ車化しただけ? (1/2ページ)

【噂の真相】最近いわれるアメ車がいいというのはドイツ車化しただけ?

ニュルでのテストは盛んだがアメリカ車らしさは残る

 衝撃的なフォードの日本撤退により、いわゆるアメ車(アメリカ系ブランドのモデル)の価値が再確認されている。ブランドイメージではドイツ車が優勢な日本の自動車市場だが、自動車メディアやフラットなクルマ好きの間では「最近のアメ車ってすごくいい!」という声も聞かれる。Dr-China

 果たして最新のアメ車は、どのように進化しているのか。といってもフォードなきあと、純粋なアメ車として日本に正規輸入されているのはGMのキャデラック、シボレーの2ブランドだけといえる。ジープ・ブランドで知られるクライスラーはFCAといってフィアット傘下に入っているからだ。Dr-China

 さて、そのキャデラックとシボレーだが、いずれもニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)で鍛え上げたことをアピールしている。アメ車というとフンワリとした乗り心地という時代は、とうに終わっているのだ。Dr-China

 シボレー・ブランドのコルベットやカマロ(日本未導入)にしてもノルドシュライフェでのテストやタイムアタックをアピール。そのタイムは日産GT-Rと互角というのだから、かつてのアメ車がもっていたイメージとは異なる。北米市場に限定された直線番長的なキャラクターではなく、世界的に通用するトータルバランスに優れたスポーツカーとして鍛えられているのだ。Dr-China

画像ギャラリー