世界限定500台のマクラーレン675LTが右ハンドルで日本上陸

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
世界限定500台のマクラーレン675LTが右ハンドルで日本上陸

 2015年3月にスイス・ジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミアされたマクラーレン675LTが遂に日本導入された。
675LTは、ドライバーと究極的な次元の一体感を目標に開発され、マクラーレン・スーパーシリーズでもっともサーキット指向の高いモデルだ。
そのようなスペシャルなモデルゆえ世界500台限定生産。日本にはそのうちの約8%(40台)を納車するそうだ。ちなみに車両価格は4353万5000円(税込)。

5月22日の日本における発表会には、アジア太平洋地域担当リージョナルデレクターのデイビッド・マッキンタイヤーさん(左)、675LTのプロダクト・デフィニションに携わるマーク・ゲイトンさん、マクラーレン・オートモービル・ジャパンの名取名取雅裕社長が登壇
5月22日の日本における発表会には、アジア太平洋地域担当リージョナルデレクターのデイビッド・マッキンタイヤーさん(左)、675LTのプロダクト・デフィニションに携わるマーク・ゲイトンさん、マクラーレン・オートモービル・ジャパンの名取名取雅裕社長が登壇

 搭載するエンジンは3.8LV8ツインターボ。最高出力は、マクラーレンのネーミングの通り675ps。最大トルクは700N・m。組み合わされるトランスミッションは、7速デュアルクラッチ式シームレス・シフトギヤボックスという2ペダルMTだ。

 675LTの最大の特徴は、LT(ロングテール)の名の通りテール部分が延ばされ、グラム単位の軽量が施されているところだ。
とはいえってもかつてのマクラーレンF1のロングテールほど大げさなものではない。650Sクーペの全長4512mmに比べ、675ltは34mm長い4546mmとなっている。
注目すべきは軽量化で、車両重量は650Sより約100kgも少ない1230kg。軽量化の内訳はパワートレイン系で10%。そのほかボディ関係35%、シャーシ系30%、インテリアでは20%、そして電気系統までも軽量化の対象として5%の軽量化を実現している。
具体的には、チタンマフラー、CFPR製パネル、薄型ウインドウ、ポリカーボネートエンジンカバー、サス、ホイール、エアコンレス化(無償オプションで装着可能)と、とにかく軽量化を細部におよぶまで施しているのだ。

 また、エアロダイナミクスも最適化され、ダウンフォースを確保しつつ低ドラッグ化を実現している。そのため、フロントバンパーまわりにはリップやカナードで立体的なデザインを採用。空気の流れをサイドまわりにスムースに流し、その空気はボディサイドやリヤサイドウインドウのダクトからラジエータへと冷却風として送り込まれる。

 もちろん、足まわりも強化され、フロントのトレッドは他のスーパーシリーズより20%広げられ、バネレートはフロントが27%、リヤは63%高められている。

 ボディカラーは、専用色のシケイン(写真)のほか、シリカホワイト、マクラーレンオレンジ、デルタレッド、ネーピアグリーンを設定する。

 インテリアは、軽量なカーボン製バケットシートが標準装備され、インテリアはアルカンターラで覆い尽くされ、NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)を軽減しているそうだ。また、チタン製ロールゲージも装備している。
スパルタンなスペックをもちながらの、コックピットはマクラーレンの名に恥じない高い質感が保たれていた。

 ちなみに、そのパフォーマンスの高さは、最高速330km/h、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒。さすがパワーウエイトレシオ549ps/t(=1.82kg/ps)というだけある驚愕の数値だ。

  

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー